季語/春日万燈籠(かすがまんとうろう)を使った俳句

「春日万燈籠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春日万燈籠」について

【表記】春日万燈籠

【読み方】かすがまんとうろう

【ローマ字読み】kasugamantoro

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春日の万燈(かすがのまんとう:kasuganomanto)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

春日万燈籠を含む俳句例

万灯会果て一山の虫の闇/佐藤藍

一種火万灯籠の百灯す/磯野充伯

万灯籠明日を春の底冷す/森澄雄

東塔に十日の月や万燈会/上村末子

闇に浮く杉の直幹万燈会/安達波外

万燈籠潤ひてとぶ雪の華/西村公鳳

無縁なる人と袖ふれ万燈会/細見綾子

背の真闇前の灯の波万灯会/倉林敏子

凍て雲に笙放つなり万燈会/角川春樹

子の画きし一灯探す万灯会/吉田早苗

戦中は闇深かりし万灯会/鈴木けんじ

暗さ揃ひて万燈籠揺ぎなし/津田清子

万灯会この一燈で全て点く/秋山暮谷

節分の燭をくばるよ春日巫女/角川春樹

たまゆらの一燈つきし万燈会/細見綾子

一山の涼を呼び寄せ万灯会/佐野すすむ

万灯会何時も必ず誰かに会ふ/右城暮石

万灯会銀河明りをゆくごとく/野澤節子

灯の海に立ちゐて涼し万灯会/工藤葉子

旅びとに雨のはげしき万燈会/太田穂酔

俳句例:21句目~

幾度もつまづく木の根万燈会/細見綾子

万燈会銀河明りをゆくごとく/野澤節子

万燈籠人の暗さはかたまつて/津田清子

万燈籠心の闇はてらし得ず/鈴木真砂女

万燈会杉が匂へりうしろより/宇野隆雄

万燈籠点るに間あり離れ鹿/鈴木真砂女

母の手に一人は眠い子万灯会/篠田文子

節分の春日の巫女の花かざし/五十嵐播水

をちこちの鹿の夜遊び万燈会/三島富久恵

一灯にわが名があるよ万燈会/丸山いわを

生くる力もて万灯会の闇に立つ/細見綾子

生ける者さざめき通る万灯会/富田かづを

鹿のゐる闇濃かりけり万燈会/野上智恵子

けもの等のひそめし息や万燈籠/細見綾子

ほのぼのと桟敷の巫女や万燈籠/橋本鶏二

万燈籠点りおくれし二基三基/鈴木真砂女

継ぎし火の冴えて灯の穂や万燈会/加藤知世子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ