季語/金目鯛(きんめだい)を使った俳句

「金目鯛」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「金目鯛」について

【表記】金目鯛

【読み方】きんめだい

【ローマ字読み】kimmedai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・錦鯛(にしきだい:nishikidai)

季節による分類

・「き」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

金目鯛を含む俳句例

金目鯛けふ晴れ渡る御前崎/森英子

三方に腹を合わせし金目鯛/別所信子

金目鯛大き虹彩の目を持てる/山本貞

鎌倉や氷つてゐたる金目鯛/岸本尚毅

旅果ての夕餉のすしの金目鯛/村上辰良

月の晩浮きあがるてふ金目鯛/安藤星河

金目鯛よく見る為の大きな目/高澤良一

金目鯛買へば蟷螂ついて来る/岸本尚毅

祝儀値のまだ生きてゐる金目鯛/吉田紫乃

茂吉忌の一荷ぎつしり金目鯛/神尾久美子

金目鯛の赤うとましや春の雨/鈴木真砂女

煮え立ちて目玉ぐらぐら金目鯛/平野ひろし

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ