季語/西行忌(さいぎょうき)を使った俳句

「西行忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「西行忌」について

【表記】西行忌

【読み方】さいぎょうき

【ローマ字読み】saigyoki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・円位忌(えんいき:eniki)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

西行忌を含む俳句例

文机は経机かな西行忌/迷堂

山住の友尋ねけり西行忌/成美

西行忌秋は月見による柱/秋刀

一人ゐて軒端の雨や西行忌/青邨

裏山の植樹千本西行忌/岩崎照子

墳山の樒艶ます西行忌/佐川広治

洛中は雨から雪に西行忌/今井勲

風葬に瞳を託す西行忌/櫂未知子

月負うて雲も旅する西行忌/林翔

身の中を日暮が通る西行忌/黛執

雀らも霞の空へ西行忌/橋本榮治

俤にたつ花もなし西行忌/松瀬青々

底冷えの京に浅酌西行忌/小坂順子

山河の河は亡びて西行忌/鷹羽狩行

西行忌その望の日を花ぐもり/鳥酔

恋歌を色紙に貰ふ西行忌/飯泉葉子

上人と翁はよびつ西行忌/尾崎迷堂

はるかより鴎の女ごゑ西行忌/澄雄

ひき返すべき風景や西行忌/澁谷道

仮の世に風月ありて西行忌/釈恒沙

俳句例:21句目~

海棠の花を咲き添へ西行忌/森澄雄

坂東は梅の盛りの西行忌/岸本尚毅

堂前の花屑払へ西行忌/安藤橡面坊

西行忌残んの雪の梢かな/角田竹冷

西行忌林中に聴く山の音/吉野義子

眼福の画像に見え西行忌/勝又一透

大磯に一庵のあり西行忌/草間時彦

杖突いて畳を歩く西行忌/遠藤梧逸

帚目に載る波音や西行忌/池田弥生

山国に日の暈賜ふ西行忌/廣瀬直人

檜笠めきたる山や西行忌/白川朝帆

山峡の一庵灯洩る西行忌/古川光春

打出づる道一本や西行忌/西川織子

栞して山家集あり西行忌/高濱虚子

西行忌心に今日の高曇り/赤羽岳王

西行忌車の波に杖泳ぐ/百合山羽公

西行忌近し遅速の梅双樹/角川照子

西行忌吾に離俗の詩はなし/磯直道

逆光の人歩みくる西行忌/倉橋羊村

酢で緊むる湖のや西行忌/長谷川櫂

俳句例:41句目~

西行忌われに出家の意なし/たかし

雲中に鳥のゐるらし西行忌/石嶌岳

北の窓開けて眺めて西行忌/飯田龍太

厨房に皿の音する西行忌/加倉井秋を

そらんじて教科書かなし西行忌/林翔

捨てがたき軍帽一つ西行忌/本杉桃林

西行忌我に出家の意なし/松本たかし

空覚えの一句を正す西行忌/細田伸子

鷺降りて田に薄明り西行忌/山田晴彦

地球儀の国へ旅恋ひ西行忌/井沢正江

空のみを詠む詩人ゐて西行忌/皆吉司

西行忌きのふの雪のなかりけり/岳陽

はなびらのごとき夕月西行忌/西山誠

忌日とて西行桜ちりにけり/青木月斗

ふくみたる水の切れ味西行忌/神蔵器

歩みゐて谺に呼ばる西行忌/伊藤京子

蛇を煮る父にして画家西行忌/皆吉司

みちのくの氷ばかりや西行忌/齋藤玄

白梅を影と見てをり西行忌/佐藤麻績

檜葉垣の家居を愛し西行忌/遠藤梧逸

俳句例:61句目~

山にはばまれ村を出ず西行忌/檜紀代

山に月休んでのぼる西行忌/金田咲子

草川の音なく急ぐ西行忌/山田みづえ

森出づるより風花の西行忌/杉山岳陽

檜山出る屈強の月西行忌/大峯あきら

草の門ひらかれあるは西行忌/秋櫻子

茶の甘き薬のあとや西行忌/石川桂郎

若き妓に歌心あり西行忌/大久保橙青

わもねがふ花の下臥西行忌/後藤夜半

山腹に灯りがひとつ西行忌/木内怜子

渠レ発心我レ発心や西行忌/尾崎迷堂

崇徳院しづもる讃岐西行忌/上崎暮潮

嶺越えて雲ひかり出づ西行忌/中拓夫

一夜泊りの大磯通ひ西行忌/村山古郷

一日を吉野にひとり西行忌/江川悟郎

一瓶に足らぬ華あり西行忌/尾崎迷堂

西行忌遠くを見れば泪出て/牧石剛明

西行忌雪の晴間を筆買ひに/渡辺文雄

口で紐解けば日暮や西行忌/藤田湘子

諦めしことの幾つか西行忌/高橋弘道

俳句例:81句目~

惜しむただ灰燼蔵書西行忌/皆吉爽雨

人々の座におく笠や西行忌/飯田蛇笏

遠山の雪を花とも西行忌/上田五千石

花を待つ桜や歌碑や西行忌/田中珠生

花の下は花の風吹き西行忌/村山古郷

雄姿の尾越の松や西行忌/大峯あきら

雨ごとに山近づけり西行忌/伊藤敬子

雨の間を雀が飛んで西行忌/宮田正和

花いまだにて西行忌月夜なり/有働亨

西行忌雲は高きに戻りけり/鈴木太郎

幹打つて覚ます木霊や西行忌/大石悦子

思はざる雪を花とし西行忌/櫛原希伊子

月いでて櫟を照らす西行忌/榎本冬一郎

月の出の今年は遅し西行忌/成瀬櫻桃子

木の国は花の杉ふる西行忌/上田五千石

木を伐つて日暮寂しや西行忌/安立公彦

吾が齢余りしと思ふ西行忌/小松崎爽青

歌よみにあらねど我ら西行忌/平谷破葉

歌膝を立てゝ偲ぶや西行忌/山田九茂茅

水のうへ暮れて明るし西行忌/長谷川櫂

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ