季語/春の蚊(はるのか)を使った俳句

「春の蚊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の蚊」について

【表記】春の蚊

【読み方】はるのか

【ローマ字読み】harunoka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春蚊(はるか:haruka)

・初蚊(はつか:hatsuka)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

春の蚊を含む俳句例

春の蚊ふつとたたいた/北原白秋

春の蚊や舞の由来に大柱/古館曹人

初蚊遣けふ箸初の浩宮/石田あき子

愛憎の誰彼とほし初蚊遣/伊藤孝一

春蚊生る良寛の背の黒松に/堀古蝶

浅草の鐘鳴り春の蚊一匹/石橋秀野

漂へる春蚊に昏き伎楽面/有馬籌子

春の蚊や深酒せぬに二日酔/近藤一鴻

何もかも春蚊も親し草の庵/富安風生

初蚊遣香や変らず青き渦/百合山羽公

文机の脚を離れぬ春蚊かな/石川桂郎

春の蚊の畳に低くそひうせし/上村占

観音の腰のあたりに春蚊出づ/森澄雄

酒匂ふ神楽控へに春蚊出て/荒井正隆

金泥の菩薩刺さんと春の蚊が/古川水

春の蚊の腹のみどりに辞書の中/中拓夫

夕空を昇らむために春蚊生まれ/木村勇

春の蚊の低きへ飛びて見失ふ/右城暮石

大伽藍ぬけたる安房の初蚊なり/辻桃子

御代の春蚊屋は萌黄にきはまりぬ/越人

俳句例:21句目~

しばらくは耳に春の蚊熊野道/斉藤夏風

春の蚊の聞き誤りし声やらん/高濱年尾

春の蚊がとまり白墨まみれの手/日原傳

春の蚊が墜ちし海図の最深部/内藤吐天

春の蚊の噂ほどなる声曳きて/野沢節子

春の蚊や牡丹の覆けふ除りし/清原枴童

春の蚊を真つ先に打つ女かな/仙田洋子

春蚊たつ花鳥の袂曳く辺より/大橋敦子

春蚊出づ擁きて世に遅るゝや/小林康治

春蚊出づ暗きに文書裁断器/山崎ひさを

眼鏡の度上げねば初蚊見失ふ/高澤良一

建長寺さまの東司や春蚊いづ/小沢謙三

春の蚊や一つとまりし雛の顔/正岡子規

春の蚊のこゑなき肋痛むなり/石田波郷

畳目にまぎれて春の蚊なりけり/岡本眸

紅茶土瓶の湯気の夜の春の蚊/北原白秋

春の蚊の翅のみどりに辞書の中/中拓夫

顔の上草のにほひの初蚊鳴く/野沢節子

声明の黙より春の蚊がひとつ/中岡毅雄

電灯に近づき春蚊見えずなる/鷹羽狩行

俳句例:41句目~

春の蚊よ竹林に風呂焚きつけて/北原白秋

春の蚊の燈のほとり過ぎ顧みず/山口誓子

先生のあたりはづれや春蚊出づ/横山昌子

春蚊とび子恋は安らぎに似たり/細川加賀

写楽の絵見てゐる春の蚊きいて/北原白秋

坐しゐたり鴫立庵の春の蚊に/町田しげき

春蚊出て久女の墓に音生まる/北見さとる

女のこと思ひ出さする春蚊かな/右城暮石

声のみの春の蚊措きて文なさず/石川桂郎

春蚊生れ闇も綾目をなせりけり/福永耕二

春蚊鳴く耳のうしろの暗きより/小林康治

春の蚊や着物の膝をはなれゆく/三橋敏雄

春の蚊のひとたび過ぎし眉の上/日野草城

ひつそりと春の蚊を打つ水の音/森田正実

病む母の息あはあはと春蚊いづ/恩田秀子

春蚊浮く夜や山ちかく移り住み/高井北杜

春の蚊やまみえてくらき翁像/深見けん二

西方に飢えし国あり春蚊鳴く/和田耕三郎

春の蚊だ竹林に風呂立ててゐる/北原白秋

不忍の池より春の蚊の来たる/今井杏太郎

俳句例:61句目~

春の蚊の文福茶釜より出でて/横山たかし

雨二夜春の蚊過ぎぬまのあたり/中村汀女

患者らの血に太りたる春蚊打つ/三宅年子

独り病めば春蚊ささやく鼻の上/細川加賀

仏像のてのひらにして春蚊の死/鷲谷七菜子

何か曳き春の蚊飛べり三鬼亡し/秋元不死男

何もかもゆるしてをりぬ春蚊かな/松山足羽

春の蚊のいておぞましや亭を去る/高濱虚子

春蚊出て早鐘の音をまとひけり/北見さとる

春の蚊のとまりて敷布のべられし/中島月笠

春の蚊のゐておぞましや亭を去る/高浜虚子

春蚊生れて一隅水のひゞきけり/山上樹実雄

春の蚊のゐる手さぐりに吊り束子/石川桂郎

春の蚊の乞食の葱にまとはるも/佐々木六戈

夕日かなし春の蚊柱だけに差す/加倉井秋を

春の蚊の絮の如くに吹かれきし/古賀/秀女

春の蚊や乞食の葱にまとはるも/佐々木六戈

春の蚊の翅がうごいて紅らみぬ/今井杏太郎

春の蚊の翅も乱さず打たれけり/加藤あき江

春の蚊の肢折れやすく子を嫁かす/巌谷小波

俳句例:81句目~

春の蚊の酒肴の上をとびにけり/大橋櫻坡子

脚垂れてきて金刀比羅の春蚊かな/古舘曹人

襟掛けてをれば出初めし春蚊かな/下田実花

春の蚊は人になじまず去り行けり/高濱年尾

春の蚊や職うしなひしことは言はず/安住敦

たゝみ居る衣よりたちし春蚊かな/森千代子

ともしびの色定まりて春蚊出づ/波多野爽波

春の蚊を遊ばせてゐる一と間かな/細川加賀

ゆく春の蚊のスタンドに影ひける/臼田亞浪

春蚊とてめぐるをしばし許しけり/植田露路

ぷーんと来る春の蚊にしてあな近き/高澤良一

ともしびにうすみどりなる春蚊かな/山口青邨

春蚊出てゆふべやさしきもののかげ/向田貴子

いきものは春の蚊なりし来るらしき/小池文子

わが袖のどこかに失せし春蚊かな/加倉井秋を

あはあはし春蚊よりわが生きざまは/朝倉和江

春の蚊の寄つて来るのは寂しいか/佐々木六戈

よだれかけ乳くさければ春蚊出づ/上田五千石

みどり児の手を出し眠る春蚊出づ/伊東とみ子

春の蚊の尻ほそぼそと影のあり/吉武月二郎句集

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ