季語/寒明(かんあけ)を使った俳句

「寒明」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒明」について

【表記】寒明

【読み方】かんあけ

【ローマ字読み】kanake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒明ける(かんあける:kanakeru)

・寒終る(かんおわる:kanowaru)

・寒過ぎる(かんすぎる:kansugiru)

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

寒明を含む俳句例

遺されて男厨房寒明けぬ/森登

寒明けの雨横降りに最上川/林徹

寒明の窓さら~と時雨鳧/内田百間

氷の隙に水の拳や寒の明/近藤潤一

厩の神泉の神に寒明けぬ/飯田蛇笏

寒明の噴井の水の潔し/小林むつ子

方丈に寒の明けたる水の音/星野椿

寒明や馬蹄磁石のNとS/小川軽舟

寒明や雨が濡らせる小松原/安住敦

大欅寒明の影ひろげけり/島谷征良

寒明や横に坐りて妻の膝/草間時彦

寒明の鯉の総身すすむ水/亀井糸游

寒明くるはだかの竹に母の顔/齋藤玄

鴉啼いて寒の明けたる砦石/南部憲吉

寒明けや音楽流し魚売る/早乙女成子

寒明けの山つらなれる紬かな/原田喬

寒明けの幣の浸りし泉かな/飯田蛇笏

寒明けの池映し出す空の青/山田尚子

寒明けや横に坐りて妻の膝/草間時彦

寒明けや欅の全枝天に生き/相馬遷子

俳句例:21句目~

寒明けや雨が濡らせる小松原/安住敦

炭乏しそのほか乏し寒明くる/及川貞

寒明の日射机辺に眩しとも/築山能波

寒明の棘消えし灯に戻りきぬ/下田稔

二日月寒明け近き繭のいろ/渡辺恭子

寒明の沼舟に水触れてゐし/斉藤夏風

寒明の道の片側濡れてをり/嶋田麻紀

寒明の雪海道に少し降る/百合山羽公

寒明の風雨なりしや夜を徹し/町春草

寒明や寺の裏なる隠居寺/松本たかし

寒餅も寒明け餅も少し搗く/久保青山

暁紅に寒明けて寒新たなり/相馬遷子

橋わたる電車光りて寒明けぬ/梅田男

寒の星立身出世の明治恋し/岩田昌寿

立直す仕事寒明目処にして/松尾緑富

約束の机も買はな寒明くる/小林景峰

膝浅く寒明の香ぞありにけり/齋藤玄

寒明くるとて垢面の一教師/木村蕪城

寒明くる白い障子を北にはめ/清水径子

寒明けの風吹きわたる深山空/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

寒明のいさぎよき雨海を覆ふ/松村蒼石

野鼠の穴ぽつかりと寒明くる/伊藤京子

寒明けの崖のこぼせる土赤く/木下夕爾

身はこゝに寒明の星ひた押しに/齋藤玄

老星は鞴火に似て寒明くる/百合山羽公

竹の声晶々と寒明くるべし/上田五千石

寒明けて胎内くぐりせし思ひ/鷹羽狩行

砲丸のドスンと寒の明けにけり/沼等外

潮やけの顴骨寒の明けにけり/塩原英子

七高山詣のいくつ寒明けて/下村ひろし

寒明の月のひそむや真竹原/鷲谷七菜子

浄瑠璃の名の山寺も寒の明け/角川春樹

寒明のけさの朝焼見も飽かず/森川暁水

寒明の雪どつと来し山家かな/高浜虚子

大椨の幹のざらりと寒明くる/高澤良一

寒明けの少しよごれし白孔雀/吉屋信子

寒の明け告知の一語「高見順」/江国滋

寒明きぬ夕空青く雪に垂り/金尾梅の門

寒明くと日がな濡雪日照り雪/西本一都

寒明けの日射に鶏のはゞたきぬ/上村占

俳句例:61句目~

水こえる波の明るさ寒の蕗/宇佐美魚目

寝羅漢の薄目ひらきて寒明くる/旭蝸牛

寒明の星なり光つなぎあひ/百合山羽公

寒明や凄気発する月かゝり/徳永山冬子

寒明けの宙妖精の降りてくる/浦川聡子

槍ケ岳槍研ぎ澄まし寒明くる/小島左京

寒明の雲をほぐせる筆づかひ/峯尾保治

月光も岩越す濤も寒明くる/米沢吾亦紅

寒明けし月ややひずむ旧山河/飯田蛇笏

寒明けし船渠の光り眼を囚ふ/飯田蛇笏

寒明けや鬼の背負ひし大香炉/佐川広治

寒明けの波止場に磨く旅の靴/沢木欣一

寒明けて昨日の心今日はなく/下村非文

階段の途中にて寒明けにけり/中尾寿美子

わが俳句人もすさめず寒明くる/西本一都

堪へたりし金神奈落寒明けぬ/稲垣きくの

堰の水寒明けの日が押し流す/下村ひろし

天譴のゆるみしこゝち寒明くる/河野静雲

寒明くる日当る板塀日かげる溝/菖蒲あや

寒明くる繊月温室にあふがれぬ/西島麦南

俳句例:81句目~

寒明けしことに添ひかねゐる心/稲畑汀子

寒明けし佛間通りぬいくたびも/関戸靖子

寒明けて空の近しと妻の言ふ/瀧澤伊代次

寒明けぬ何かたのしく襷かけ/竹末春野人

寒明けぬ鳥の名前のひとつずつ/永末恵子

寒明けのこゑを出さんと松の幹/増田斗志

寒明けの寺の大臼おろとある/廣江八重櫻

寒明の雲や木々よりなまめきて/岩田昌寿

卵割る黄味の膨らみ寒明ける/竪阿彌放心

寒明の飛雪をそらに妻と酌めり/森川暁水

寒明や肩からねむりさめてゐし/金田咲子

寒明けの街や雄牛が声押し出す/西東三鬼

寒明けの臥てあやす子は胸の上/加藤楸邨

寒明の日たかき路地の雪を掃く/石原舟月

川波の手がひらひらと寒明くる/飯田蛇笏

或る家で猫に慕はれ寒明くる/秋元不死男

放下する雪も僅かに寒明くる/百合山羽公

木の影が土よりうかび寒の明/鷲谷七菜子

母の眉うすうすとして寒明けし/野澤節子

水の影が土よりうかび寒の明/鷲谷七菜子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ