季語/桐一葉(きりひとは)を使った俳句

「桐一葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桐一葉」について

【表記】桐一葉

【読み方】きりひとは

【ローマ字読み】kirihitoha

子季語・関連季語・傍題・類語など

・一葉(ひとは:hitoha)

・一葉落つ(ひとはおつ:hitohaotsu)

・一葉の秋(ひとはのあき:hitohanoaki)

・桐の秋(きりのあき:kirinoaki)

季節による分類

・「き」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

桐一葉を含む俳句例

音すなり筧の口の桐一葉/白雄

一葉落つ古着屋町の日の匂/林翔

我宿の淋しさおもへ桐一葉/芭蕉

一葉落ち旅情愕く蝦夷の雨/林翔

西向の解剖室や桐一葉/寺田寅彦

桐一葉裏も表も青かりし/蒼きう

桐一葉落ちて心に横たはる/白泉

夜の湖の暗きを流れ桐一葉/爽波

桐一葉下総に水ゆきわたり/黛執

桐一葉大阪城の石垣に/芦川巣洲

水鏡かの家にいまも桐一葉/上村占

一葉落てあとに穴あく秋の空/成美

白塗の門番小屋や桐一葉/寺田寅彦

胃洗うて病院桐の秋濶し/飯田蛇笏

人ごゑにかたちくだけて桐一葉/目

桐一葉城址の水の乏しき井/上村占

褌の竿を落ちけり桐一葉/黒柳召波

わが行手占ふ如く桐一葉/尾崎陽堂

桐一葉太平洋を真近にす/佐川広治

傘の柄のあまりに細し桐一葉/篠原

俳句例:21句目~

客人として濡縁の桐一葉/手塚美佐

文月の返しに落る一葉かな/千代尼

桐一葉いまだ梢の葉なりけり/静塔

山畑や雲より落る桐一葉/松瀬青々

廓跡ありし入江や桐一葉/山本洋子

桐一葉門川は夕兆しつつ/斎藤梅子

桐一葉大坂城を想ひ出す/村野秋果

桐一葉雨の洗ひし石の上/藤本朋子

桐一葉麹の匂う蔵屋敷/下沢とも子

檻房や格子に落る桐一葉/寺田寅彦

水底の影も流れて桐一葉/小原啄葉

一葉落つ変りし戦後五十年/秋山一泉

桐一葉心の隅にひるがへる/下村非文

夏痩の骨にひゞくや桐一葉/正岡子規

桐一葉うちはの如く拾ひあぐ/赤松子

普請場や竹の矢来に桐一葉/寺田寅彦

桐一葉白痴が牛をひいてゆく/大串章

線香を干した所へ桐一葉/芥川龍之介

桐一葉薬の量を増やす日に/朝倉和江

掃きすすむ塀の近くの桐一葉/上村占

俳句例:41句目~

普請場や足場の上に桐一葉/寺田寅彦

桐一葉落ちて天地液状なり/大口元通

桐一葉谷の静寂を深めけり/稲畑汀子

弦楽四重奏曲一葉落つる家/内山泉子

檻房の窓に落ちけり桐一葉/寺田寅彦

雪国の苔の青さに一葉落つ/大島民郎

桐一葉源氏ゆかりの薬医門/的場敏子

金持は悟りのわろし桐一葉/正岡子規

非常ベル寺にもありて桐一葉/皆吉司

一葉落つその影を地に濃くしつつ/林翔

桐一葉入江かはらず寺はなく/田中裕明

桐一葉夥しさとなりにけり/東洋城千句

一葉落つ絵描き広場の石畳/小原菁々子

三日月の鎌や触れけん桐一葉/高田蝶衣

乾坤にぷつと音して一葉落つ/富安風生

桐一葉看とり帰りの足に舞ふ/増田富子

桐一葉月光むせぶごとくなり/飯田蛇笏

地を打つに革の音して桐一葉/松瀬青々

桐一葉影よりも音残しけり/鷲谷七菜子

桐一葉遥かの父でありしかな/坂井三輪

俳句例:61句目~

広辞苑ひらいて厚き一葉落つ/遠藤梧逸

幼児の持つておもたき桐一葉/川崎展宏

桐一葉電柱きはやかに夜空/波多野爽波

桐一葉馬屋あり馬顔だせり/片岡紫々夫

そぎ竹のしのび返しや桐一葉/寺田寅彦

としどしや井桁の上に桐一葉/鈴木花蓑

心にも落つる音して桐一葉/佐々木早月

忘れゐし空の胸より一葉落つ/手塚美佐

桐一葉庭竃より掃き出しぬ/大須賀乙字

桐一葉われに向つて影投げつ/中村汀女

一葉落ち一葉落ち桐の庵淋し/田中寒楼

桐一葉猿も夕日を惜しみけり/村山古郷

別離とは刻かけ癒えむ桐一葉/高橋良子

会ふ人のありて上野に桐一葉/古舘曹人

桐一葉行手の道へ吹かれいづ/野村泊月

露地の中の大いなる桐一葉かな/龍岡晋

静かなる午前を了へぬ桐一葉/加藤秋邨

晩節と言ふ語重たし桐一葉/冨田みのる

何もかも見ゆる月夜や桐一葉/岸本尚毅

飼ひ犬に話かくれば一葉落つ/石川桂郎

俳句例:81句目~

尾を曳きし鐘の音と散る桐一葉/源鬼彦

指揮棒の真綿ぐるみや桐一葉/波多野爽波

着替えれば嵩高に落つ桐一葉/平井久美子

捕鼠器ひたし沈むる水や桐一葉/飯田蛇笏

旅にゐし昨日ははるか桐一葉/上田日差子

月明や落ちてひさしき桐一葉/金尾梅の門

柿落葉一葉もらさず掃きにけり/相島虚吼

桐一葉音ひきずりて吹かれ来し/高橋玲子

桐一葉あたかも落つる虚子山廬/山口青邨

桐一葉水中の日のゆらめきぬ/豊長みのる

桐一葉日當りながら落ちにけり/高浜虚子

桐一葉晶子殺すに刃物はいらぬ/高澤晶子

桐一葉板の間住みに拾ひ来て/中村草田男

ゆつたりと時間をかけて一葉落つ/北光星

汁の味あだ塩辛し一葉落つ/久保田万太郎

消息のつたはりしごと一葉落つ/後藤夜半

一葉落いくらもおちて月夜かな/服部嵐雪

桐の葉のすれあふ音の秋めきし/吉田ひで

一葉落ち大いなる音一つあり/徳永山冬子

薬師湯と名のみのこりし桐一葉/山本洋子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ