季語/桐一葉(きりひとは)を使った俳句

俳句例:101句目~

一葉落ち実話といふが多すぎる/加藤楸邨

桐一葉穴ぶつぶつとあいてをり/菱科光順

桐一葉落ちたり名物男の死/久保田万太郎

一葉落ち犬舎にはかに声おこる/小倉涌史

一葉落ち空綻びてしまひけり/北見さとる

桐一葉落ちて黄土に還りけり/稲畑廣太郎

一葉落つ山を拓きてゴルフ場/長崎小夜子

一葉落つ遠景不意に断つごとく/橋本榮治

頓首と書き雅兄と書けば桐一葉/高柳重信

一葉落ち磴の踏み減り隠しけり/関森勝夫

桐一葉言ひ足らざるに兄逝けり/影島智子

湖向うから曇りそめけり桐一葉/廣江八重櫻

一葉落つ憶良もきゝし鐘撞けば/亀山/恒子

一葉落つ何か流るる身のほとり/鷲谷七菜子

一葉落ちおのれの鼻の見ゆるなり/長谷川双

桐一葉空みれば空はるかなり/久保田万太郎

語らひの途切れに合はせ一葉落つ/高橋弘道

ひびきけり彼の人の持つ桐一葉/小檜山繁子

桐一葉落ちたる音を持たざりし/田辺夕陽斜

しばらくはこらへてゐしが桐一葉/長谷川双

俳句例:121句目~

桐一葉ひとは小袖をうちかさね/猪俣千代子

桐一葉二葉とありて散らざりき/板垣鋭太郎

桐一葉ひとつのいのちらしきもの/中島敏之

桐一葉遠くのものの見えはじむ/八牧美喜子

着流しでふらりと来たり桐一葉/久保田万太郎

一葉落つ借りたる古書をふところに/石川桂郎

いたつきの身をつたひつつ一葉落つ/牧野春駒

かぞえきれない月日のなかの桐一葉/津沢マサ子

人去て行灯きえて桐一葉/一茶/享和三年癸亥

手をのべて筧の一葉落しけり/宮部寸七翁、吉岡禪寺洞選

タイトルとURLをコピーしました