季語/長月(ながつき)を使った俳句

「長月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「長月」について

【表記】長月

【読み方】ながつき

【ローマ字読み】nagatsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菊月(きくづき:kikuzuki)

・菊咲月(きくざきづき:kikuzakizuki)

・菊の秋(きくのあき:kikunoaki)

・色どる月(いろどるつき:irodorutsuki)

・紅葉月(もみはづき:momihazuki)

・梢の月(こずえのつき:kozuenotsuki)

・寝覚月(ねざめづき:nezamezuki)

・稲刈月(いねかりづき:inekarizuki)

・小田刈月(おだかりづき:odakarizuki)

・紅樹(こうじゅ:koju)

・玄月(げんげつ:gengetsu)

季節による分類

・「な」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

長月を含む俳句例

菊月や外山は雪の上日和/一茶

七夕や御代長月の古簾/会津八一

菊月の雅用俗用慌し/篠塚しげる

菊月の役炭竃や休ませて/石川桂郎

長月の空色袷きたりけり/小林一茶

長月の望を上げたり赤城山/上村占

束ね髪解いて長月我野伏/遠藤寛子

長月や夜々の薫物貝の中/野村喜舟

重ね汲むや菊月の酒末永う/菊舎尼

菊月の星を戴き酒を酌む/佐藤星雲子

日の匂ひして長月の書店街/丹羽啓子

朝鮮や長月ゆくを天の川/軽部烏帽子

菊月の眉月懸かる気比の松/高橋柿花

菊月や父の絵筆を洗ひやる/野中亮介

菊月の俗用多きうらみかな/折井愚哉

長月の潮とどこほる真珠棚/松本幹雄

菊月の日向に細き雨至る/三田きえ子

粛まる霜の長月薪には樗の木/金子兜太

裏木戸を押し菊月の友を訪ふ/根岸善雄

菊月や備後表の下駄買はむ/鈴木真砂女

俳句例:21句目~

長月の富嶽のせゐる波がしら/白井爽風

菊月の終りの頃の一つの忌/加藤羝羊子

長月の残れる日数繭を煮て/神尾久美子

菊月の曼陀羅山に虹懸かり/瀬戸内寂聴

菊月の悲しみとして師の忌来る/椋砂東

長月の竹をかむりし草家かな/増田龍雨

長月やみやこのなかの黍の丈/松村巨湫

長月や豆のまきひげ黄に枯るゝ/上村占

長月をよき頃なりし吉野かな/尾崎迷堂

長月尽く神神に宿割り振れば/大屋達治

菊月や白磁をきそふ酒器と茶器/大島民郎

長月のてんぷらあぶら古りにけり/辻桃子

長月の空に亡びん国人あり/長谷川かな女

菊月の真珠はづして果つ一日/今橋眞理子

長月や明日鎌入るゝ小田の出来/酒井黙禅

長月を懸けがねさしに別れかな/斯波園女

子等に試験なき菊月のわれ愉し/能村登四郎

菊月のある夜の足のほてるかな/鈴木真砂女

菊月の夜着のつめたさまとひけり/藺草慶子

長月の今日のひと日の紅を恋ふ/池内友次郎

俳句例:41句目~

長月の夜を切る南瓜へ夕立てて/長谷川かな女

長月嬰に逢わねば夏もおわりの水に色/宇多喜代子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ