季語/鱚(きす)を使った俳句

「鱚」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鱚」について

【表記】鱚

【読み方】きす

【ローマ字読み】kisu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・白鱚(しろぎす:shirogisu)

・青鱚(あおぎす:aogisu)

・真鱚(まぎす:magisu)

・川鱚(かわぎす:kawagisu)

・虎鱚(とらぎす:toragisu)

・沖鱚(おきぎす:okigisu)

季節による分類

・「き」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

鱚を含む俳句例

夕潮の音白鱚に箸執らむ/瀧春一

船音に目覚む釣宿鱚の旬/川崎克

島泊り別誂えの鱚料理/高澤良一

舟生簀潮の碧に鱚泳ぐ/小林葭竹

鱚添へて白粥命尊けれ/石田波郷

白焼の鱚皿ごとに届きけり/上村占

鱚食うて海に夕映の紅流る/中拓夫

半分は遊びの鱚の渚釣り/高澤良一

山陰の白鱚に割る檜箸/揚石八重子

潮迅き鱚舟石の碇下ろす/右城暮石

鱚釣や青垣なせる陸の山/山口誓子

晩春や揚もの種の鱚の膚/石塚友二

鱚釣や聞え来りし島の鐘/鈴木花蓑

たゆたふは鱚舟ならむ日向灘/松本進

鱚舟に豊後夏山湧くごとし/橋本鶏二

俎に色を弾きて鱚果つる/稲畑廣太郎

内海も陸もさみどり鱚の頃/稲見碧子

潮たらす瞬時の鱚の美しく/中村増尾

手に軽く握りて鱚といふ/波多野爽波

真夜中や鱚舟くだる隅田川/木津柳芽

俳句例:21句目~

鱚釣りや青垣なせる陸の山/山口誓子

鱚釣や水かげろふの波殺し/冨田正吉

海上に驟雨の虹や鱚を釣る/鈴木花蓑

鱚細く光りジェット機上昇す/山本陽子

トラ鱚の薄茶の縞の涼しさう/高澤良一

一片の蓼の葉あをし鱚にそへ/富安風生

凪ぎわたり鱚釣舟の間を航く/高濱年尾

鱚釣に遠かみなりのさまよへる/瀧春一

鱚釣にヨツトは岬を廻り出づ/岸風三樓

島眠る鱚船の灯をちらしては/野中亮介

引き強き鱚の力をよく知れり/高濱年尾

引潮の今がさかひや鱚を釣る/高濱年尾

海潮に似る朝ありて鱚を釣る/下田萩生

爽暁の絲にときめく鱚と知る/太田鴻村

男来て鱚とひかりを重ねけり/武田伸一

白南風や皿にこぼれし鱚の塩/田中冬二

潮照の眩しく鱚の釣れざりし/横関俊翁

艪を脇に抱へて鱚の糸を垂れ/水野舜風

荒海の鱚直線に焼かれたり/小檜山繁子

青潮の底まで見えて鱚を釣る/玉木嘉一

俳句例:41句目~

鱚の浦富士見えぬ日の幸多き/永田青嵐

鱚ひらく美濃孫六の出刃使ひ/歌津紘子

鱚舟に研ぎたての波光り寄す/石塚友二

鱚釣って父に皓歯をかがやかす/大串章

鱚釣つて父に皓歯をかがやかす/大串章

島のバス通ふが見ゆれ鱚を釣る/山田桂梧

鱚の背のうすき網目の涼おぼゆ/大野林火

鱚ひらくことためらはず君が指/岩田由美

鱚天麩羅に笑ひ納めをいたしけり/辻桃子

舟酔はかなし鱚よく釣れながら/小汐大里

潮がはり白鱚の食ひ止まりけり/田島秩父

鱚釣つて妻へ漕ぐ舟子へ漕ぐ舟/谷野予志

鱚釣と言まじへつゝ湯あみゐる/山口草堂

鱚釣にすぐ止む暁けの通り雨/岩田としを

鱚釣の手ごたへ絶えて驟雨きぬ/水谷晴光

浴衣着にかへて見てゐる鱚の海/飯田龍太

指にきく鱚の当りや夜明け雲/西野よし枝

鱚釣りや温泉宿の浴衣着て/坂本/ひろし

鱚釣れで睡魔いよいよ耐へ難し/石塚友二

鱚の海紺が紫紺にかはりけり/大橋櫻坡子

俳句例:61句目~

この雨の明日はからりと鱚の海/波多野爽波

夜見ケ浜投網にかかる鱚小さし/松崎鉄之介

針はづす鱚のぬくもり悲しけれ/桶川/皆舟

鱚焼く娘のうしろ半裸を憚り過ぐ/宮武寒々

漁師等にかこまれて鱚買ひにけり/星野立子

若き日の過ぎゆく鱚を食ひにけり/岸本尚毅

鱚釣つて八重渦潮の上をいでず/橋本多佳子

虹の色持ちたる鱚を釣り上ぐる/田中佳嵩枝

泳ぎ子のこゝまでは来ず鱚子釣る/野村親二

古酒にして鱚の刺身のほかなくも/石川桂郎

青鱚の釣るるを待ちてもてなさる/外尾倭文子

青年海猫をまねている鱚釣の舟から/吉岡禅寺洞

鱚がなめらかな鱗してビクに入ると死ぬる/喜谷六花

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ