季語/黄落(こうらく)を使った俳句

「黄落」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「黄落」について

【表記】黄落

【読み方】こうらく

【ローマ字読み】koraku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・黄落期(こうらくき:korakuki)

季節による分類

・「こ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

黄落を含む俳句例

黄落に昂ぶりて妻瞬くや/林徹

黄落の宙に欅の力瘤/宮津昭彦

黄落や大工六人の宇宙/河原珠美

密林の黄落雨量日本一/右城暮石

黄落や仏の膝に深き影/関森勝夫

黄落や子と母に毬弾みをり/沢聰

黄落の奥神鏡は闇を映し/桂信子

病室の窓黄落の百号よ/辻田克巳

黄落や歌の神辞し女坂/巌谷小波

一塊の雲黄落を諾へり/加古宗也

納骨や黄落極む本願寺/大橋敦子

木道の終端黄落振返る/高澤良一

黄落や彫刻室の窓高き/西村和子

桑黄落林檎紅潮千曲紺/西本一都

黄落や一身上の麦粒腫/松山足羽

黄落の牛馬を量る台秤/長谷川双

黄落のあかり牛首紬積む/井上雪

黄落の低き唄出づ口閉づる/原裕

黄落の中を通りし声の束/斎藤玄

黄落や身に大小の蝶番/寺井谷子

俳句例:21句目~

風に問う風の生誕黄落期/対馬康子

黄落の水に人声映りさう/西村和子

星条旗連綿とあり黄落期/対馬康子

黄落に声も染まりて雨蛙/堀口星眠

黄落や港に多き珈琲館/古賀まり子

掲示板雑然たるも黄落期/西村和子

法学部より講堂へ黄落期/伊藤敬子

黄落や亀岡文殊面崩れ/安藤と志子

黄落や森の奥処の白塑像/石原八束

黄落のまつただ中の無人駅/豊田晃

黄落の銀杏青桐の大鳥居/福田清人

黄落に力抜きたる墓掃除/河野南畦

黄落の谷を器と湖青む/鳥居おさむ

黄落期無名兵士の白き廟/仙田洋子

黄落や於大の墓はもつと奥/森徳好

黄落の人が引き出す蜘蛛の糸/原裕

黄落の文科や机疵だらけ/平畑静塔

恪勤や黄落の雲遠く置き/中島斌雄

黄落や風の行手に地獄門/宮下翠舟

黄落や風船売のゐる日向/千手和子

俳句例:41句目~

黄落や鼓洩らして装束司/桂樟蹊子

黄落を歩めば吾子の唄とどく/原裕

黄落や天の明るさ地へ移し/嶋田麻紀

革命やいま黄落のすさまじき/大高翔

黄落や脈打ってゐる搾乳器/河村昌子

黄落や仔馬の糶のすぐ了り/水岡芳子

河岸やけふ黄落の定休日/鈴木真砂女

黄落や平らな庭持つ坂の家/中村明子

黄落の幹まで濡れし道続く/嶋田麻紀

黄落や三井寺が飼ふ青孔雀/伊東宏晃

黄落や短針急ぎはじめけり/松山足羽

黄落の街に小鳥の診療所/長谷川祥子

黄落の奈良には苔の道多し/小寺正三

黄落に言葉惜しまず車椅子/増田治子

黄落や深井鼓のごと鳴れり/加古宗也

黄落の我に減塩醤油かな/波多野爽波

黄落のころこそ森の喫茶店/山岸治子

黄落のしきりに半信半疑人/中根唯生

黄落や一人の鍵を持ち歩き/金井典子

黄落の明るさ未来ふせておく/原和子

俳句例:61句目~

黄落のどの道ゆくも上高地/高澤良一

黄落のなかに卒業記念樹も/佐野美智

黄落やいま黄金の札所みち/吉野喜雨

黄落の骨うづむなら西林寺/高澤良一

黄落の雨の跳ね見ゆ木道に/高澤良一

黄落のひかり突切る高校生/廣瀬直人

黄落や水車の廻る山の家/名高栄美子

一樹のみ黄落できず苦しめり/穴井太

黄落や晩学の書の新しく/加藤みさ子

少年の嘘のにおいの黄落期/対馬康子

黄落や旅さすらひの心あり/大橋敦子

黄落の上に動かず八ヶ嶽/青柳志解樹

黄落の街道をゆき消えかかる/徳弘純

黄落の泡の湯で乗る五人組/高澤良一

黄落の真暗がりに母はいます/徳弘純

唐寺の鐘よくひびく黄落期/植村通草

温泉は近場がよろし黄落期/高澤良一

黄落の傘とりどりに大正池/高澤良一

黄落の千畳を占める大銀杏/西村美枝

黄落の厩舎南瓜の馬車が出る/堀敬子

俳句例:81句目~

黄落の水際の寸土色つくす/長谷川双

黄落の街泊船の前に貨車/大岳水一路

黄落のプラタナス道美術館/岩崎照子

黄落の街マネキンを横抱きに/今井聖

黄落の天へ柩と翔けゆかむ/横山房子

黄落や路まつすぐに蝦夷の国/千葉仁

窓といふ窓に物干し黄落期/西村和子

美しき眸と会ふ村は黄落期/加古宗也

聚まりて古墳の都黄落期/神尾久美子

黄落の山鳥もまた昼餉とる/高澤良一

黄落の干戈交ふるごとくなり/岡本眸

黄落を水中にゐて見るごとし/飴山實

黄落を統べ塔一つ高かりき/木下夕爾

黄落期未踏の径が十字なす/伊藤敬子

黄落の街橋桁より昏れる/小池龍渓子

黄落のいてふ男時の杜抜けて/高澤良一

黄落のつゞくかぎりの街景色/飯田蛇笏

黄落のよろこび充つる仏具店/長谷川双

黄落の中の木瘤として在りぬ/村越化石

黄落の古寺の階亡母と踏む/柴田白葉女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ