季語/胡瓜(きゅうり)を使った俳句

「胡瓜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「胡瓜」について

【表記】胡瓜

【読み方】きゅうり

【ローマ字読み】kyuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「き」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

胡瓜を含む俳句例

爼の傷の歳月胡瓜もむ/藤井寿江子

甥姪の機嫌気妻や胡瓜揉/石塚友二

古漬の胡瓜好みて食細し/高澤良一

訝れば根ごしの蔓の細胡瓜/森鴎外

湖の雨の涼しき胡瓜もみ/富安風生

世を以て黄昏となす胡瓜揉/藤田湘子

糠床も母の形見よ胡瓜漬く/有里要子

平凡を願ふくらしや胡瓜漬/三澤久子

教師一生ひん曲る茄子胡瓜/辻田克巳

詩も川も臍も胡瓜も曲りけり/橋間石

茄子胡瓜よりも素直に女達/遠藤梧逸

病室の小さき爼胡瓜もみ/石田あき子

へぼ胡瓜盆の仏の馬になれ/松野自得

胡瓜棚傾きうつる出水かな/野村泊月

妻の母独り居泉に胡瓜浮べ/香西照雄

蠅帳の裡の翠微や胡瓜もみ/吉屋信子

刻む音胡瓜は春の奢かな/松根東洋城

故郷の味を守りて胡瓜もみ/倉田静子

貧乏の光をちらし胡瓜もみ/原コウ子

庭畑の胡瓜いびつに妻病める/手島靖一

俳句例:21句目~

胡瓜皆すんなり基準値合格品/高澤良一

茄子曲り胡瓜歪める誕生日/相生垣瓜人

神農にさゝげて早き胡瓜かな/飯田蛇笏

茄子胡瓜母の育てしものを食ふ/大串章

胡瓜揉む答のいらぬ夫のぐち/土田京子

退勤のすぐなる水仕胡瓜もみ/高野彩里

手作りの鼻曲りたる胡瓜かな/尾崎紅葉

指太くなりし月日や胡瓜揉む/弓木和子

遣唐使もどりし寺の胡瓜揉み/近藤園子

七年の濁りになれて胡瓜もむ/南雲糸虫

三日月の匂ひ胡瓜の一二寸/佐藤惣之助

上げ板のきしむ厨の胡瓜もみ/高橋尚子

二三日採らねば胡瓜遠目にも/相馬黄枝

珍しいうちは胡瓜も皿に盛り/作者不詳

伸びすぎて胡瓜疲れぬ地に近く/小澤實

低くして灯のにほひける胡瓜揉/森澄雄

其題の胡瓜の頃に死なれけり/正岡子規

食卓に夫がゐる夜の胡瓜もみ/西村和子

馬はわが庭の胡瓜よ夫来ませ/山岸治子

板の間に胡瓜ころがり暑気中り/龍岡晋

俳句例:41句目~

鼻唄のきのふと同じ胡瓜もみ/黛まどか

味噌でくふ生マの胡瓜の祭かな/龍岡晋

夕月のいろの香を出す青胡瓜/飯田龍太

帰省子に杉山にほふ胡瓜もみ/野澤節子

移り香の衿になほあり胡瓜漬/日野草城

職離れ変るくらしや胡瓜もみ/藤村藤羽

胡瓜きざむ家過ぎ着きし宿もまた/篠原

胡瓜つかむ蜑の白爪帰りざま/古館曹人

胡瓜もぎ噛みて何者かと語る/西東三鬼

胡瓜もみゆふべ七時の空明り/石川桂郎

胡瓜もみ世話女房といふ言葉/高濱虚子

胡瓜もみ今宵の味は妻か母か/有馬暑雨

胡瓜もみ命日の日の高上り/大峯あきら

胡瓜もみ夕餉明るき中にすむ/相馬黄枝

胡瓜もみ蛙の匂ひしてあはれ/川端茅舎

胡瓜もむエプロン白き妻の幸/西島麦南

胡瓜又シルクロードを伝播す/稲畑汀子

胡瓜喰らひ息の涼しき貧家族/澤木欣一

ごた~と煮てしまひぬ茄子胡瓜/寺田寅彦

しの字曲りのの字曲りの胡瓜かな/辻桃子

俳句例:61句目~

懐ひ茫々胡瓜の牛に茄子の馬/小松崎爽青

水溢れ胡瓜トマトも溢れ来る/蓬田紀枝子

わが畑のはしりの胡瓜もまれをり/飴山實

曲がることついつい忘れ優胡瓜/高澤良一

斗酒ありや日暮れて胡瓜刻む音/尾崎紅葉

初胡瓜河童に二本流しけり/菅原師竹句集

厨ごと手抜き加減に胡瓜もみ/西村美佐子

市に見し今朝の胡瓜や小指ほど/尾崎紅葉

胡瓜食む水の他人となりながら/攝津幸彦

自転車の少女把手より胡瓜立て/川崎展宏

巌に置くキャンプの胡瓜青々と/橋本鶏二

大たらひもて百膳の胡瓜もみ/石川星水女

秋立つと水に浮ばす茄子/胡瓜/西村公鳳

茄子胡瓜白き豆腐を買ひ得たり/林原耒井

蔓になつて胡瓜吹かれぬ鯉幟/大谷碧雲居

胡瓜いでて市四五日のみどりかな/大江丸

訪ひとはれしつつ今宵の胡瓜揉み/上村占

夕空に窓つつまれぬ胡瓜もみ/岡本まち子

豆殻をさしくべながら胡瓜もみ/松藤夏山

一雨去り一雨また来る胡瓜揉み/角川春樹

俳句例:81句目~

輪にもせず竪にもわらず胡瓜哉/正岡子規

胡瓜噛む音続けよ半盲の母よ/伊丹三樹彦

寝たきりの父にとどける初胡瓜/石田仁子

旅戻りやはり吾が家の胡瓜もみ/長尾鳥影

新涼や胡瓜きざむに音たてて/鈴木真砂女

胡瓜植え山の暮しの變化日々/今井千鶴子

旅疲れともなく家居きうりもみ/稲畑汀子

うかうかと胡瓜の育ち過ぎしかな/石山耶舟

でで虫の胡瓜を喰うてまた殖ゆる/岩田由美

のびきりし胡瓜の蔓の空およぐ/小川/木橋

へぼ胡瓜地を擦るばかり忍野町/新井佳津子

スパシーバばかり連発生マ胡瓜/猿橋統流子

ヘボ胡瓜笑ひ怺えるかたちかな/小出きよみ

ラジカセを大きくかけて胡瓜もみ/足立悦子

一山の胡瓜買ふ腰子につかまれ/千代田葛彦

仰向いて胡瓜の馬の流れずに/阿部みどり女

写し倦む過去帳や胡瓜見て来よか/河野静雲

勾玉のひでり胡瓜を折りて食ふ/赤松けい子

胡瓜揉みぽりぽりやりて昼餉了ふ/高澤良一

好き嫌ひなき子に育ち胡瓜もみ/嶋田摩耶子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ