季語/蟋蟀(こおろぎ)を使った俳句

「蟋蟀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蟋蟀」について

【表記】蟋蟀

【読み方】こおろぎ

【ローマ字読み】korogi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・つづれさせ蟋蟀(つづれさせこおろぎ:tsuzuresasekorogi)

・姫蟋蟀(ひめこおろぎ:himekorogi)

・大和蟋蟀(やまとこおろぎ:yamatokorogi)

・東京蟋蟀(とうきょうこおろぎ:tokyokorogi)

・つづれさせ(つづれさせ:tsuzuresase)

・つづりさせ(つづりさせ:tsuzurisase)

・えんま蟋蟀(えんまこおろぎ:emmakorogi)

・油蟋蟀(あぶらこおろぎ:aburakorogi)

・三角蟋蟀(みつかどこおろぎ:mitsukadokorogi)

・おかめ蟋蟀(おかめこおろぎ:okamekorogi)

・ちちろ虫(ちちろむし:chichiromushi)

・ちちろ(ちちろ:chichiro)

・筆津虫(ふでつむし:fudetsumushi)

・ころころ(ころころ:korokoro)

季節による分類

・「こ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

蟋蟀を含む俳句例

や相如が絃のきるゝ時/蕪村遺稿

年よれば声はかるるぞ蟋蟀/智月

蟋蟀音にひかれてや大釜も/洞雨

蟋蟀や己が志学の綴り方/堤保徳

うかうかと生て霜夜の蟋蟀/二柳

一切は空つづれさせ~/倉田紘文

蟋蟀の親子来てをる猫の飯/風生

蟋蟀や杉の重みの山の闇/森澄雄

蟋蟀に扉一枚開かれる/斎郷/梅

蟋蟀が深き地中を覗き込む/誓子

源平の祠の裸蟋蟀よ/佐々木六戈

達磨忌を壁のなごりや蟋蟀/嵐山

棚もとや処もかへず蟋蟀/松岡青蘿

蟋蟀の黝いのが出て十夜かな/原裕

蟋蟀の正面の貌おそろしき/中田剛

妻恋の蟋蟀嵐吠ゆる間も/石塚友二

蟋蟀や深夜の水に顔映す/澤井我来

鍋釜に蟋蟀ひゞきわたるかな/茅舎

稍寒み肩させ裳させ蟋蟀/寺田寅彦

こほろぎを鳴かせ少年髪柔し/柏禎

俳句例:21句目~

尖兵として蟋蟀の鼓笛隊/石塚友二

箒草こほろぎのこゑ尚遠し/瀧春一

蟋蟀に闇くる鉄蓋より重く/桂信子

蟋蟀の闇鈴虫の籠の闇/片山由美子

こほろぎの昼は遊べり石の上/安住敦

游侠の徒あり蟋蟀あはせなど/日原傳

うき事に妻を噛みけり蟋蟀/島道素石

えんま蟋蟀学者貌してゐたる/西宮舞

死はそこに深井の上のちちろ虫/林翔

砂つけし蟋蟀の腹やはらかし/中田剛

こほろぎが呟く遠き恋の唄/内藤吐天

こほろぎや草履べたつく宵使ひ/木歩

こほろぎの遠きは風に消えにけむ/梵

こほろぎの漆光りの富士額/山口青邨

こほろぎや出羽街道に桜榾/斉藤夏風

客は既に寐て語らはず蟋蟀/滝川愚仏

不安な午後残る蟋蟀草あゆみ/有働亨

白き脚見せて蟋蟀水に落つ/右城暮石

塔跡に何の転成鳴くちちろ/佐野美智

灯りゐる窓の存在ちちろ蟲/依田明倫

俳句例:41句目~

羽閉じて死す蟋蟀も鳥達も/対馬康子

蟋蟀がくる頼家と仮面黝し/萩原麦草

こほろぎの冬仕度とは死仕度/安住敦

蟋蟀が跳ぶ藍甕に藍満ちて/渡邉秋男

ちちろ鳴く高山線の一車輛/塩川雄三

こほろぎの聲の明瞭笑誘ふ/京極杞陽

蟋蟀のころころ声す伎芸天/右城暮石

下積の聖書こほろぎ通ふ路/津田清子

灯台に木の扉蟋蟀鳴きゐたり/長田等

蟋蟀の闇まほろばに辿りつく/松澤昭

こほろぎや塗師の紙帳の暗き裾/露伴

太き竃寒蛩ないて用ゐざる/高濱虚子

蟋蟀や乳児が寝返り打つて力む/澄雄

こほろぎの声の明瞭笑誘ふ/京極杞陽

ちちろ虫雨の音色と心得て/高澤良一

こほろぎや曉近き聲の張り/内田百間

蟋蟀や陰山山脈夜目に立つ/加藤秋邨

こほろぎに寄りて流るる厨水/桂信子

表具師は糊桶盾に昼ちちろ/高井北杜

こほろぎや俄かに落つる厨水/森田峠

俳句例:61句目~

こほろぎのこの一徹の貌を見よ/青邨

音がして蟋蟀のゐる畳かな/岩田由美

こほろぎや農事暦に火山灰埃/福永耕二

こほろぎや竹割る音の壁隣り/富田木歩

玄関にて鳴くこほろぎの居候/高澤良一

ヤン衆宿二段寝台ちちろ鳴く/毛塚静枝

こほろぎや右の肺葉穴だらけ/日野草城

俯向さて鳴く蟋蟀のこと思ふ/山口誓子

紙縒よる閻魔蟋蟀友として/石田あき子

こほろぎに母親は紡車持出し/宮林菫哉

蟋蟀の無明に海のいなびかり/山口誓子

胡座かく我と閻魔の蟋蟀と/佐々木六戈

若き母ならね蟋蟀追ひつめぬ/林原耒井

草叢をごそつかせゐしは蟋蟀/高澤良一

藷蔓を衾ちちろの鳴けるなり/高澤良一

捨て市民報蟋蟀の隠れ場所/加倉井秋を

ちちろ澄む幼帝陵の小暗がり/長澤壽子

こほろぎに響ける胸や引返す/古舘曹人

蟋蟀に帰り待たれて点しけり/平林恵子

こほろぎに鳴かれてばかり/種田山頭火

俳句例:81句目~

棚板の一つ倒れて鳴くちちろ/吉田鈴枝

蟋蟀のあたまに草の葉が映り/岩田由美

こほろぎの一切夜陰負へるなり/斎藤玄

蟋蟀のこゑのこもれる廃れ窯/平子公一

蟋蟀の寂び附いて居る鉄路哉/永田耕衣

こほろぎを夫が聴く夜は筆おいて/鷹女

蟋蟀の無月に海のいなびかり/山口誓子

こほろぎの壁病室を上へ重ね/宮津昭彦

蟋蟀の貌の一つに紛れむか/佐々木六戈

地の闇となり蟋蟀の一途なる/山口草堂

柔らかな地にて蟋蟀通じあふ/津田清子

ちちろか吾か倖と妻に言はせしは/林翔

こほろぎや厨に遺る父の椀/岡部六弥太

蟋蟀や兵四五人を泊めしこと/石原京子

蟋蟀や壁へだて住む二タ家族/川村紫陽

昼の蟋蟀鳴き寄る平和女神像/蓮田双川

こほろぎや踵をくるむ男の死/古舘曹人

別れんと酌む夜もすがら蟋蟀/寺田寅彦

天網をくぐり蟋蟀とびにけり/高橋将夫

蟋蟀在堂溲瓶を抱く夜寒かな/藤野古白

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ