季語/放屁虫(へひりむし)を使った俳句

「放屁虫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「放屁虫」について

【表記】放屁虫

【読み方】へひりむし

【ローマ字読み】hehirimushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・三井寺ごみむし(みいでらごみむし:miideragomimushi)

・へっぴり虫(へっぴりむし:heppirimushi)

・へこき虫(へこきむし:hekokimushi)

・三井寺斑猫(みいでらはんみょう:miiderahammyo)

季節による分類

・「へ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

放屁虫を含む俳句例

放屁虫汝は何寸の魂ぞ/稲岡長

放屁虫とまりし父の大福帳/向井秀

放屁虫交るや諏訪湖豁然と/小澤實

腹中に屁の一物や放屁虫/渡辺波空

放屁虫原稿や桝はみいだす/石川桂郎

放屁虫漁師の墓の前跼み/秋元不死男

放屁虫神の言葉を人が述べ/太田寛郎

放屁虫貯へもなく放ちけり/相島虚吼

羅漢見る眺望萎えて放屁虫/星野紗一

放屁虫俗論党をにくみけり/高濱虚子

はからずも叡山にして放屁虫/稲荷島人

八方へ走りにげたり放屁虫/阿波野青畝

山ひとつ売らむと思ふ放屁虫/小熊里利

峡宿の親しきものに放屁虫/田畑美穂女

放屁虫かなしき刹那々々かな/川端茅舎

放屁虫優柔不断を問はれけり/加藤冬人

放屁虫打つも捨つるも紙の棒/吉田紫乃

放屁虫重なることを思いつく/増山美島

疎まれて隠れもせずに放屁虫/小野宏文

合掌をして放屁虫わかれけり/阿波野青畝

俳句例:21句目~

放屁虫あとしざりにも歩むかな/高野素十

放屁虫に置き去られけり妻の前/加藤楸邨

放屁虫急ぐは放屁の直後ならむ/神生彩史

放屁虫二本の指がためらへり/稲畑廣太郎

朝日は力はるかな船と放屁虫/磯貝碧蹄館

放屁蟲エホバは善と観たまへり/川端茅舎

もう来たかまだまだ来るか放屁虫/橋本榮治

世に忘れられて気まゝや放屁虫/石田雨圃子

放屁虫ヱホバは善しと観たまへり/川端茅舎

放屁虫放屁虫とてうとまるゝ/佐々木/鳴子

うくわつにもふれてしまひし放屁虫/浜口星火

放屁してしまへばのろき屁ひり虫/加藤知世子

放屁虫おろかなりとはいひがたき/軽部烏頭子

餓鬼のしりへにぬかづく恋か放屁虫/稲垣きくの

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ