季語/茸狩(たけがり/きのこがり)を使った俳句

「茸狩」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「茸狩」について

【表記】茸狩

【読み方】たけがり/きのこがり

【ローマ字読み】takegari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・茸採り(きのことり:kinokotori)

・茸籠(きのこかご:kinokokago)

・茸筵(たけむしろ:takemushiro)

季節による分類

・「た」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

茸狩を含む俳句例

茸狩せし持山の今昔/山田弘子

茸狩や赤松林に夕日さす/瀾水

茸狩や浅き山々女連/正岡子規

拾得の装いで来て菌狩/高澤良一

茸採の男滅法無口なる/山田弘子

案内の宿に長居や菌狩/高浜虚子

羽厚き蜂熊の下茸採る/矢島渚男

菌狩喇叭提げたる男哉/寺田寅彦

栗籠のけふ茸籠どの山に/上村占

空に声放ち人呼ぶ菌狩/茨木和生

茸狩や峠の奥の遠き山/草間時彦

茸狩や若い女の白脚絆/寺田寅彦

茸狩や昔噺の雲の相/加藤知世子

渓流のとび石も径菌狩/松住清文

杣の子の侮り覗く茸籠/有本銘仙

茸狩が莨入拾ふ石の上/寺田寅彦

茸籠に林中の気移りゐし/河野南畦

よき程に聳ゆる山や茸狩/石井露月

主婦の用捨てて一日茸狩/川原程子

茸狩や頭を挙れば峰の月/與謝蕪村

俳句例:21句目~

透析の疲れ引きずり茸狩/朝倉和江

床下に茸狩の籠ころげあり/辻桃子

我声の風になりけり茸狩/正岡子規

歯を欠きて念力欠如茸狩/大石悦子

茸狩や鳥鳴て女淋しがる/子規句集

童べにて妖しき相や菌狩/秋山卓三

茸狩火傷の痕が首にあり/岸本尚毅

目の下に竹田村あり菌狩/高浜虚子

茸狩の夕空がもう肩の上/岸本尚毅

客来ればすぐ裏山へ菌狩/斎藤句城

茸狩の競ふ心になりをりぬ/上野泰

茸狩の足ごしらへや女達/富安風生

体操の時間切りかへ菌狩/山中弘通

あとがけの痛き女や菌狩/日野草城

茸狩や女だしぬく急ぎ足/会津八一

茸狩や薄の疵は数しらず/水田正秀

雲濡れの籠負ひ直す菌狩/渡邉英子

庄吉の小屋の前なる茸筵/野村泊月

雲の中赤岳崩ゆる菌狩/相生垣瓜人

茸採り再び杉の幹に消ゆ/鈴木荒圃

俳句例:41句目~

手伝ひの赤万女将茸莚/五十嵐播水

茸狩ん似雲が鍋の煮るうち/蕪村遺稿

茸狩の人等にほどく草履束/亮木滄浪

二の山へけふの案内や菌狩/前川素泉

茸狩や蝶舞ひ出でし鼻の先/田中王城

院の庭へ出て獲物なし菌狩/鈴木花蓑

茸狩に雲が拡げし火の翼/千代田葛彦

茸狩の柴に焚るゝさくら哉/高井几董

鴉はや唖々とゐるなリ菌狩/芝不器男

茸狩の兄が遅れて戻りけり/茨木和生

巡りあふ茸採も径迷ひをり/伊与幽峰

月山の胎内に入る茸採り/伊藤伊那男

本日は家事都合にて茸採る/工藤克巳

茸狩や木の間伝ひに次の山/鈴木花蓑

茸狩に図鑑など持ち頼りなき/岡猪走

上を見ぬ目にも欲あり菌狩/横井也有

大いなる籠の古びや茸莚/楠目橙黄子

降出して茸狩残す遺恨かな/黒柳召波

老の鋭目われの鈍目や茸狩/山口峰玉

小学校横切つて来し茸狩/森井美知代

俳句例:61句目~

茸狩沼には雲のうごきかな/小池文子

茸狩山浅くいぐちばかりなり/子規句集

さきんぜし人を憎むや菌狩/河東碧梧桐

さし上げて獲物見せけり菌狩/黒柳召波

倒れ木に雲のゐるなる菌狩/相生垣瓜人

恵那かくれ赤石見えたり菌狩/松藤夏山

探されて居るを知らずに菌狩/松月市楼

斯くなれば濡るゝ外なし菌狩/松藤夏山

湯の花も掻きて取り来し菌狩/茨木和生

生意気にくやしがる子や菌狩/鈴木花蓑

里の娘を炊事にたのみ菌狩/西山小鼓子

いつせいにきのこ隠るる茸狩/鷹羽狩行

けだものの目となり無口茸狩/高橋淑子

人の籠ばかり気になる茸狩/小竹由岐子

合歓を巻く蛇を見かけぬ茸狩/飯田蛇笏

山越えの露に衣濡れ茸狩り/依田由基人

序の口の糞茸日和きのこ狩/百合山羽公

湯の花も掻きて取り来し茸狩/茨木和生

茸狩に抜けがけせばや龍安寺/水田正秀

茸狩の有為の山にも近づきぬ/中原道夫

俳句例:81句目~

茸狩やついて来て居る跛の娘/河野静雲

茸狩や温泉の小休みの先使ひ/井上井月

茸狩や知らぬ祠に手を合わす/井上井月

茸狩や袂から出す小さかづき/井上井月

鷲の巣の下を行きたる菌狩/相生垣瓜人

茸狩や鳥居をくゞる古き道/楠目橙黄子

茸狩や鼻のさきなる歌がるた/榎本其角

茸狩りの季に入る山の月明り/飯田龍太

茸筵この傾きを良しとする/波多野爽波

茸筵三味線に日のあたるなり/岡本松浜

茸籠に妻は一枚歯朶そへて/砂井斗志男

茸籠に敷く歯朶青き京を発つ/中村汀女

茸狩りの手より現る男かな/小泉八重子

茸籠を持つ院長と試歩に遇ふ/木下丁字

茸籠を負ひ垂直に立ち上がる/神田秀子

鐘楼に茸籠置いてくたぶれし/野村泊月

頭上にてつがるゝ酒や茸莚/五十嵐播水

呼び合ひて茸採り山の深さかな/伊藤文女

茸狩の尾根みちへ出て戻るなり/高濱年尾

茸狩振り返り見ることのあり/北嶋野の香

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ