季語/小鳥狩(ことりがり)を使った俳句

「小鳥狩」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「小鳥狩」について

【表記】小鳥狩

【読み方】ことりがり

【ローマ字読み】kotorigari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・小鳥網(ことりあみ:kotoriami)

・霞網(かすみあみ:kasumiami)

・鳥屋(とや:toya)

・鳥屋師(とやし:toyashi)

・鳥屋場(とやば:toyaba)

季節による分類

・「こ」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

小鳥狩を含む俳句例

北国の風が素通る霞網/源鬼彦

川上や黄昏かゝる小鳥網/召波

大地より大空広し霞網/池田澄子

日は竹に落て人なし小鳥網/炭太祇

白絲の繕ひ見ゆる小鳥網/松藤夏山

高はごや油浮きたる潦/一志貴美子

高はごに朝月白き礪波山/西村公鳳

一群の焦点反るる小鳥網/栗生純夫

風音の耳すり抜けて霞網/加古宗也

霞網破れてゐたる恵方径/茨木和生

市中に鳥屋が森や渡り鳥/会津八一

あしたより鰯雲あり小鳥網/山口誓子

鳥かかるまで美しく霞網/伊藤トキノ

御嶽の雪バラ色に鳥屋夜明/山口青邨

霞網懸く鳥の癖知りつくし/山下美典

かすみ網風を孕みて静なり/高濱年尾

この鷹や君の覚えも鳥屋勝/高浜虚子

丘そこら早物めくや小鳥網/西山泊雲

主不興女房もてなす鳥屋泊/福田蓼汀

鳥屋師踏む笹を径とし従ひぬ/森田峠

俳句例:21句目~

小鳥網風の軽さを孕みけり/高橋柿花

刈込みし山美しや小鳥網/松本たかし

禁鳥の高きにかかり小鳥網/大橋宵火

禁鳥も二三かゝれり小鳥網/松藤夏山

塗壁の乾くを待たで鳥屋始め/森田峠

かすみ網あるかなきかの風孕む/島村正

高はごにつかず去る鳥美しき/山崎布丈

高はごや餌刺町とて小家がち/横山雨岬

小鳥網蝶の越ゆあり返すあり/田村木国

鳥屋の鵜の秋思の翼相触れず/黒田杏子

今年も終りに近き鳥屋日記/五十嵐播水

休漁の蜑に一と日の小鳥網/小原菁々子

鳥屋主に叱られてゐる囮あり/塩見景雪

人の目に見ゆる哀しさ霞網/山崎みのる

一俵の米負うて来ぬ鳥屋の道/高野素十

白樺をまげて張りたる小鳥網/松藤夏山

夕ぐれは草の香つよし霞網/大木あまり

手をつよくひかれてをりぬ霞網/中田剛

大榾にほてりて赤き鳥屋親子/前田普羅

鳥屋に入る鶏に筍流しかな/片山由美子

俳句例:41句目~

返り咲くつゝじちらほら鳥屋始/森田峠

美しく並ぶ端山に鳥屋二つ/松本たかし

高はごを遠見てわれも声落す/吉田北舟子

三段にはらむ霞網をわたる峰々/皆吉爽雨

小鳥網笛調子出て山の寒さかな/中島月笠

里の灯の暁けてきたりし小鳥網/清崎敏郎

霞網枯葉を抱いてわすれられ/永瀬美恵子

ありあけの月の鳥屋場は古戦場/福田蓼汀

向ふ山日あたり今日の鳥屋仕舞/福田蓼汀

啼く鵜あり白崩崖際の鵜捕鳥屋/石原八束

ひるてんの鳥はづしつゝ誘ひぬ/吉田輝陽

小鳥焼く娘が真中に鳥屋狭し/五十嵐播水

山山と大空と居て鳥屋師老中/松本たかし

慈悲心鳥屋根片削ぎの家ねむる/堀口星眠

昼過ぎて杣の馬ゆく鳥屋のみち/木村蕪城

殺生といひつつ励む鳥屋師かな/福田蓼汀

袂より鶫とりだす鳥屋師かな/大橋櫻坡子

追竿を振らず鳥屋師の手を拍てる/森田峠

鳥の羽鬢に鳥屋の娘忙しけれ/五十嵐播水

鳥屋の径熊笹そめて夜明けたり/前田普羅

俳句例:61句目~

鳥屋の鵜の雨の匂ひに身を跼む/加藤耕子

鳥屋へ行く肩に椢をはじきつゝ/来田花壺

鳥屋女房芸者上りか何かだらう/鈴木花蓑

鳥屋径は島崖を縫ひ石蕗の花/小原菁々子

高はごにうづくまりゐる支那童/石田敬二

高はごにをとりちら~露とばす/本田一杉

高はごや柿の木あれば柿の木に/永井雨丁

鳥屋の炉にやすらふこころ暁を待つ/瀧春一

朴の葉のかゝり揺れをり小鳥網/大橋櫻坡子

羽ばたきのひかりとけむる小鳥網/栗生純夫

小鳥網おぼつかなくも張られあり/富安風生

高はごにをとりちらちら露とばす/本田一杉

濃紅葉の流れとぶなり鳥屋障子/松本たかし

汲水に抜羽うかべる鳥屋場かな/大橋櫻坡子

鳥の羽はやこぼれゐて鳥屋場道/大橋越央子

時なしにかゝる二三羽雨の鳥屋/波多野白汀

木曾川のかゞやく鳥屋の障子かな/本田一杉

恵那ぐもり静もる丘の鳥屋場かな/羽村野石

高はごに雲のゆきゝのしづかなり/安井小洒

高はごやしののめ澄ます山かつら/味方蕪吟

俳句例:81句目~

高はごに傷めし尾羽をぬぐひやる/宮岡計次

かすみ網孤島きらきらきらきらす/永末恵子

疲れ鵜の羽ばたきひとつ鳥屋の口/棚橋洋子

鳥屋の鳥よ暮れゆく街を眺めをる/荻原井泉水

高はごにせはしく鳴いてかゝりけり/渡辺軍平

鳥屋師てふまなこ張りたるもの消えて/上村占

小鳥網遂にむなしく仰がるる/吉武月二郎句集

水汲みに下りし鳥屋師の灯とあひぬ/木村蕪城

かすみ網今年は猿子鳥おそしといふ/高濱年尾

老いらくの鳥屋師は霧に頬かむり/小原菁々子

小さく小さくたゝまるゝもの小鳥網/佐藤梧林

ついと来てついとかゝりぬ小鳥網/鈴鹿野風呂

耳さとくゐつゝもてなす鳥屋師かな/皆吉爽雨

にはとりの鳥屋にかたまる女正月/竹田登代子

炉に焦がす鳥屋師の結飯かへしやる/木村蕪城

暁けきらぬ暗さの鳥屋の炉辺にあり/清崎敏郎

雪解の往き来に鳥屋の鳥が鳴きかかる/大橋裸木

むしり羽のまひつつ鳥屋の炉火さかん/木村蕪城

吹き入りし紅葉も鳥屋の炉に燃ゆる/大橋越央子

むしり羽の草履うづむる鳥屋場かな/大橋櫻坡子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ