仏陀を使用した俳句

仏陀に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

仏陀を含む俳句例

叡山は虎落笛さへ仏陀めく/堀無沙詩

夕焼の雲の中にも仏陀あり/高浜虚子

大雨や恒河にながす佛陀の夢/中勘助

昼寝人仏陀は結跏し給ふに/山本歩禅

片陰の雲の中にも仏陀あり/高濱虚子

お身稚くおはせる仏陀黴の中/松村蒼石

仏陀みな素足におはす青葉月/松村蒼石

基督も仏陀も暦果てしかな/土橋たかを

裾濡らし仏陀まします汐干狩/攝津幸彦

万緑や異国の仏陀金まみれ/鍵和田ゆう子

仏陀一生の堂ゆく足音誰も低く/伊丹公子

仏陀笑むおぼろに黐の花振りて/内田秀子

合歡の花佛陀のながき旅のこと/福島壺春

月光で乾くか踊り子と仏陀の指/伊丹公子

水かげろふ見し瞳に黒き仏陀身/野澤節子

仏陀見て阿修羅の息の花ユッカ/河野多希女

園林に仏陀泉を秘めたまひし/長谷川かな女

死の畏怖へか極影色の仏陀と屋根/伊丹公子

河豚食うて仏陀の巨体見にゆかん/飯田龍太

細密画の仏陀へためらいがちの蝶/伊丹公子

俳句例:21句目~

あまりにもうるめいわしの仏陀かな/永末恵子

秋雨の黒牛は仏陀のごとく濡れよ/富澤赤黄男

砂の上に濡れしひとでが乾きゆく仏陀もいまだ生れざりし世よ/岡部桂一郎

タイトルとURLをコピーしました