能の面/能面を使用した俳句

能の面/能面に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

能の面/能面を含む俳句例

能面に紐通す穴春愁/山田千秋

余生には能面ほしき雪女/田中君恵

能面は耳もて拝す桜蘂/山田ひとみ

花了り昼夜能面並べおく/伊藤敬子

新涼や能面並ぶ暗き部屋/井上恵子

能面の尉が天向く目借時/佐川広治

能面に言葉就きゆく秋の暮/原和子

能面の唇に塗りたし鳥兜/阿部佑介

春雷や能面赤き唇を持つ/豊東蘇人

能面に痩男あり蘆を刈る/後藤夜半

能面の百種百相お風入れ/岸間光女

能面のくだけて月の港かな/黒田杏子

能面の笑みの妖しき五月闇/尾形柿園

能面の翳うるみけり春の宵/橋井律子

肘あげて能面つけぬ秋の風/小川軽舟

能面の裏に入り込む冬の雷/北見静香

能面の鬚抜けし穴みどり風/小山和男

鴨くると能面蔵の小窓かな/山本洋子

能面を神とし祭り麻を刈る/岸/霜蔭

静かなる能面の内の汗想ふ/鈴木鷹夫

俳句例:21句目~

能面か霧か米代川足れり/諸角せつ子

能面と寒きはいづれ宿痾妻/石原八束

能面に月照り半顔微笑せり/川西弘楽

能面のうすき翳りも春の暮/新島艶女

能面に血の通ひ出す雪の夜/吉田輝二

能面のごとき朝日や霧の中/長山あや

地虫鳴く声を能面じつと聞く/品川鈴子

夜鷹鳴き能面ひとつ口ひらく/堀口星眠

春惜しむ手の能面を紐ながれ/皆吉爽雨

春雷や素彫り能面眼を持たず/松本幹雄

枯菊を焚く能面のやうな風/小島とよ子

汗ばみもせず能面のうす嗤う/島田房生

春惜しむ膝の能面昨日舞ひし/皆吉爽雨

能面の師走或る夜の貌の我れ/河野南畦

能面の裏に溜まりし涙かな/関口比良男

能面の裏を返せば時雨れけり/清水道子

能面をとりて流るゝ汗拭かず/小島梅雨

能面の窶れてをりし寒九かな/佐々木禎

能面を着けてこれより雪女/有馬ひろこ

能面のうちに泣くこゑ朧にて/猪俣千代子

俳句例:41句目~

能面に見られてゐたり風邪心地/廣瀬直人

能面のごとき痴れ人ツリー撫づ/依田/恵

能面の目の奥くらし菜種梅雨/木村里風子

能面を雪に置きたる祈りかな/吉本伊智朗

能面展出て木枯に顔奪はる/鍵和田ゆう子

能面に見つめられたる秋思かな/大竹多可志

能面の目のうるみきし良夜かな/上野美智子

真夜中の能面かなしみの樹に向かい/室生幸太郎

能の面のような少女の顔麦笛吹いて/吉岡禅寺洞

タイトルとURLをコピーしました