船窓を使用した俳句

船窓に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

船窓を含む俳句例

船窓に頬つけ膝に夏帽子/辻桃子

秋来り寄りてくる船の窓/下田稔

船窓に高卯浪みて横坐り/高澤良一

船窓に鳴戸の渦や火桶抱く/蔵巨水

十三夜船の窓より人の顔/菖蒲あや

聲眠き船の窓べや鳴く蛙/会津八一

かがり火草船窓飾り出港す/松裏薙世

船窓に偶々顔や秋の雨/長谷川零餘子

船窓に水平線のあらきシーソー/篠原

船窓に芭蕉玉巻く島見え来/入沢白鳥

船窓に雪白き島近く過ぐ/山口波津女

船窓の春日転がる怒涛かな/西田純子

船窓を醜の過ぎ目覚め荒し/金子兜太

蚊帳吊つて一つ船窓真青なり/中條明

夕凪や三日月見ゆる船の窓/子規句集

船の窓見るは枯葦枯葦のみ/相馬遷子

あたたかや船窓に置く哺乳瓶/田村幸江

船窓におらぶ盆波津軽越え/猪俣千代子

船窓に蝶見し陸地近からん/松本かをる

船窓のしぶきぐもりや近松忌/田部谷紫

俳句例:21句目~

船窓や落ち方の月つれなくも/野村泊月

船窓を打ちきし雨に雁渡る/八木林之介

春昼や頬杖つきて船の窓/長谷川かな女

白南風やしぶきにくもる船の窓/檜紀代

北へ帰る船窓雲伏し雲行くなど/金子兜太

船窓に手をさしのべつ夏の月/金尾梅の門

船の窓の星空の揺れそめし輝き/大橋裸木

船窓や月のしめりの衣を透し/阿部みどり女

タイトルとURLをコピーしました