奥嶺を使用した俳句

奥嶺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

奥嶺を含む俳句例

奥嶺もう隠れし秋の扇かな/辻桃子

戸隠の奥嶺ちかづく雪卸/松村蒼石

奥嶺奥嶺へ雨の燕と電線と/加藤楸邨

山吹の夕冷え奥嶺までつづく/大串章

日は渺と奥嶺秋園人をみず/飯田蛇笏

桜桃の花に奥嶺の雪ひかる/大竹孤愁

風かはり奥嶺雲脱ぐ植樹祭/根岸善雄

夏深く奥嶺に入れば音もなし/飯田蛇笏

奥嶺より雪の次第に迫る町/吉村ひさ志

簗守るや奥嶺にこもる夜の雷/河北斜陽

蛇笏忌や奥嶺の雲に炎走る日/巌谷小波

頬白や奥嶺秘めたる渓去らず/木山白洋

とらはれし熊に奥嶺の秋のこゑ/大島民郎

仏母忌の奥嶺をのぼる沙羅の雨/安藤葉子

佐保姫に白き奥嶺のいつまでも/大島民郎

凍滝と奥嶺の月と照らし合ふ/能村登四郎

初機のやまびこしるき奥嶺かな/飯田蛇笏

吹雪ゐてかがやく奥嶺信じたし/宮坂静生

夕映えて雪の奥嶺のあぶり出し/堀口星眠

奥嶺よりみづけむりして寒の溪/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

重陽の夕日をのこす奥嶺あり/大峯あきら

山葵田は奥嶺の梅雨にしたしめり/松村蒼石

波立つ瀬奥嶺の雪の解けそめたり/大島民郎

蛇去るに多摩の奥嶺が日を吸へり/萩原麦草

逆の峰入法螺鳴つて奥嶺霧うごく/松林到池

奥嶺奥嶺へ雪降るやうな繭組む音/加藤知世子

暑うして奥嶺も花の古びたる/吉武月二郎句集

タイトルとURLをコピーしました