くだものを使用した俳句

くだものに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

くだものを含む俳句例

春しぐれ果物籠を抱へかね/久米正雄

春浅くくだもの折の移り香す/宮武寒々

夜はジャバの果物を反芻する/藤後左右

果物の籠重い夏夜の風落ちた/喜谷六花

果物舗雨月の光りさしそひぬ/飯田蛇笏

湯の戻り果物買ふや夏の雨/高橋淡路女

酸つぱさが夏の果物重なる喪/北野民夫

青梅をかきはじめなり果物帖/正岡子規

初糶の果物の香にむせてをり/山田/渓舟

果物の禮夏帽の裏見つゝいふ/廣江八重櫻

果物を水菓子と言ひき父の日来/須川洋子

果物屋開店光ばかりの野の隅に/伊丹公子

雪どけ光る風に果物店突きだす/大橋裸木

くだものにけだものになれ壁打つ恋/島津亮

くだもの屋九月の空となりにけり/友岡子郷

草くだもの草屋に活けて文化の日/手塚美佐

薄暑の航籠のくだもの減らしつつ/友岡子郷

風船赤し子はくだものの匂ひして/成田千空

水に沈めておく雛の夜の果物ナイフ/田邊香代子

風邪がぬけるくだものを噛む顔汚れたる/瀧井孝作

俳句例:21句目~

左ぎきの果物むく手を女に見られてゐる/大橋裸木

土の器にて地のうるはしきくだものを盛れ/内島北朗

船をあがりて夜街あかるき果物に見とれて寄る/大橋裸木

店さきの果物が月に濡れてるはつきり夜が更けてる/大橋裸木

たけなわの秋の果物を食うべつつ女とふかむ夜を伴にせり/晋樹隆彦

タイトルとURLをコピーしました