改札を使用した俳句

改札に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

改札を含む俳句例

餅花や改札屑が溜る勤/香西照雄

まつ先に改札抜ける朧月/小嶋州子

山眠る駅に一人の改札員/八巻絹子

改札に実習生立つ夏休み/田中照子

秋霖や北口改札閑散と/八幡より子

節分の改札通る鬼の面/田島星景子

駅長の添ひて改札新社員/亀井糸游

墓地口といふ改札や椎匂ふ/奈良文夫

夕暮の改札通る冬菜かな/一町田愛子

改札に切符を探す秋黴雨/松沢佐多子

改札の鋏におこる雪降る旅/橋本夢道

改札を出て清明の街明かり/今井章雄

霊者らに盆の改札始まれり/高澤良一

タッチして通る改札夕おぼろ/鈴木龍生

改札に万才酔ひて叱られをり/加藤秋邨

改札の切符とび出す春の暮/能村登四郎

改札の鋏を鳴らすひとりの夏/大井雅人

改札より潜水艦の見えて冷ゆ/田中貞雄

改札をしんがりに出て春の雲/茂里正治

改札を出てそのままの大夏野/奈良文夫

俳句例:21句目~

改札を出て海に行く草いきれ/茨木和生

潮の香にひらく改札夏つばめ/奥名春江

打水を終へて改札はじめをり/千田とも子

改札をまろび出できし大西日/小池龍渓子

改札にアマリリスぽつかり朝の顔/山岡一子

改札の曲切り「雪になりましたね」/石川桂郎

潮の香へ開く改札夏つばめ/奥名春江「潮の香」

磁気一閃/改札抜けて夏つばめ/大西やすし「黄落都市」

タイトルとURLをコピーしました