法被を使用した俳句

法被に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

法被を含む俳句例

太棹の影が法被に風の盆/高澤良一

朝顔の模様の法被市の者/高濱年尾

町々の趣向の法被風の盆/高澤良一

神紋の揃ひの法被煤払ひ/島津貞子

紺法被匂はせ仕事始かな/南るり女

鼻を摶つ法被の紺や供の春/喜太郎

万灯引く衆の白足袋白法被/高澤良一

園児等も火消法被の出初式/渡辺美幸

屋台曳かるさん法被姿かな/高澤良一

本町の法被の届く涼しさよ/如月真菜

法被の紺匂ふ墓守御命講/中川はぎの

草刈るや萩に沈める紺法被/杉田久女

酒蔵につとめ法被の新社員/大島民郎

鵜の法被着し船頭や流灯会/片山浮葉

黒羽二重法被衣桁に風の盆/高澤良一

われも着る御柱法被諏訪人と/山口青邨

万灯引く法被に山号寺号かな/高澤良一

冬の雁紺の法被を落しけり/磯貝碧蹄館

初商の法被の紺が匂ふなり/古山千代子

家族皆法被着て売る晦日蕎麦/関口美子

俳句例:21句目~

我家の法被著て立つ案山子かな/水竹居

東大寺と染め抜く法被松手入/小池和子

熊手売使い込んだる法被着て/高澤良一

父と子の法被寡黙に松手入/杉山三知子

背合せの法被の息も風の盆/佐々木らん

初寄りの山笠の法被の強かりし/中野賢二

大熊手売れて法被の鶴羽撃つ/芳賀はな子

法被着せ抱いて輪の中阿波踊/粟飯原花枝

角切の勢子の法被のおろし立て/武藤舟村

タイトルとURLをコピーしました