背広を使用した俳句

背広に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

背広を含む俳句例

俤は麻の背広を着て歩む/長谷川櫂

背広着し庭師が配る新暦/西宮正雄

背広着て百姓集ふ虫供養/藤井/芳

寒造終えて杜氏も背広かな/奥田一夫

玄冬の鮪に見入る背広かな/攝津幸彦

眠り児に母の背広し柿若葉/館岡沙緻

外で会う夫の背広に赤い羽根/伊関葉子

川床料理背広を殻の如く脱ぎ/辻田克巳

木枯や背広を脱げば子供来て/藺草慶子

田回りに背広着てゆく生身魂/武田伸一

盆礼や背広を着ても農夫の背/細谷鳩舎

秋晴や背広無粋にあらはるる/後藤信雄

背広着て出づる用あり鵙日和/宮武章之

背広着て杣の年始の伏目がち/三浦妃代

背広着て男ばかりの花むしろ/中井啓子

雛の間よ背広吊すも飯食ふも/岸本尚毅

ぶらんこを背広姿の漕いでをり/櫂未知子

夜桜に背広の冷えて帰宅せり/正木ゆう子

夜涼し身をはなれたる背広の黒/大井雅人

彼岸会やふるさと人も背広着て/草村素子

俳句例:21句目~

槐太居ず壁の背広に鉛筆さし/西田夕陽子

背広着て鴎を見たる九月かな/和田耕三郎

花どきは手触りひゆる背広かな/角川春樹

みづすまし背広すまして死に給ふ/攝津幸彦

冬陽浴び吊るされてなお暗き背広/対馬康子

子の背広買ふ歳晩のまばゆき中/福田甲子雄

脱ぎ捨てし背広に梅雨の重さあり/山田弘子

梅雨じめりして威儀のなき背広かな/真下喜太郎

タイトルとURLをコピーしました