船酔いを使用した俳句

船酔いに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

船酔いを含む俳句例

信より船酔早し桜鯛/細谷定行

船酔の鏡覗きぬ木下闇/宮武寒々

船酔の欠食五回四月馬鹿/大橋敦子

船酔の缺食五回四月馬鹿/大橋敦子

船酔ひの少し残りて沖膾/森田君子

船酔ひの残りし枕祭笛/稲垣きくの

船酔のすこし残りし夏料理/池田秀水

船酔の消えゆく紀州桜かな/鈴木鷹夫

船酔の猟犬すぐに役だたず/久米白灯

蝗捕済み船酔のごとくあり/上原富子

鰊番屋に船酔いが置いてある/山陰進

土踏めば船酔さめて春の風/岩谷山梔子

晩年や船酔いのよう田水沸く/児玉悦子

船酔の眼に花茣蓙の花が燃ゆ/福永耕二

花揺るゝは船酔に似て昼日中/高澤良一

荻原やおろかさは船酔に似て/新間絢子

蓮如忌の舟酔ひ薬乞はれけり/伊与幽峰

べら釣れずなり舟酔を感じをり/松下鉄人

悪阻とは船酔に似て籐寝椅子/嶋田摩耶子

舟酔はかなし鱚よく釣れながら/小汐大里

俳句例:21句目~

船酔のあとかたもなしソーダ水/山田弘子

船酔のごとくに春のなかばかな/鈴木了斎

船酔のまだ続きをりかごまくら/刈谷幸子

船酔の首を振つては白熊となり/藤後左右

船酔ひの一人が横にかるた切る/鈴木太郎

船酔ひの被くにうすき貸毛布/文挟夫佐恵

船酔ひやうるさくまとふ春の蝿/安田和義

遊船を下りて船酔らしきもの/小林沙丘子

船酔ひにべら美しく上がりけり/石名田石泉

タイトルとURLをコピーしました