神木を使用した俳句

神木に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神木を含む俳句例

庭に焼飛火や花の御神木/調試

囀や神木の瘤触れもして/きよみ

御柱声神木と辻り落つ/高橋恭子

狐火や神木古し社裏/室積波那女

宿木も共に神木小鳥来る/川崎桂子

神木の柏槙の秀に寒鴉/西萩千鶴子

神木の洞の焦げ居る青嵐/竹中龍青

神木の洞跳び出せり秋蛙/中嶋廣江

蛇穴を出て神木の枝の先/黒田杏子

初手斧あてて神木匂ひ立つ/山田春生

大年の注連新たまり御神木/香下純公

爛春や神木にある雷の痕/牧野多絵子

神木にすがる他なき秋の蝉/寺岡捷子

神木のうちの一木蛇が棲む/中村耕人

神木の枯木の影も踏むまじく/上村占

神木や新緑界を抽んでて/上田五千石

神木を遊び場にして鴉の子/高澤良一

鷹鳩と化し神木は歩かれず/鷹羽狩行

注連さげし杉の神木花粉撒く/村上辰良

神木とならで檜のさむさかな/正岡子規

俳句例:21句目~

神木にしてオリーブは愛の花/大島民郎

神木に揺れて鬼の子年を越す/茂里正治

神木の樅の木めぐり踊りの輪/田中冬二

神木へ美男かづらの走りたり/高木良多

神木も倒して隠岐の野分かな/吉川梅子

裸木となりて神木よそよそし/奥田郁子

神木に高くかゝれる古巣かな/浅原ちゝろ

神木のどこにも触れず蛇落つる/浅原尚嗣

神木めぐるどくだみの花白十字/松村蒼石

餅焼いて神木の箸こがしけり/鈴木ヤエコ

タイトルとURLをコピーしました