白日を使用した俳句

白日に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

白日を含む俳句例

蝶に蝶巌に波飛ぶ白日夢/林翔

白日の夢の内外藪蚊棲む/原裕

白日の閑けさ覗く余寒かな/水巴

白日に向ふ鴨あり皿に鴨/斎藤玄

空蝉の泪のいろに白日は/斎藤梅子

白日や白き踊りの踊り草/永田逸水

門並に白日の秋母死なず/下村槐太

酷寒の白日照るや雪の嶺/相馬遷子

白日忌寒泉韻く如くなり/中島月笠

白日を降る雨細し松葉菊/岡本圭岳

鳥雲に入る白日の湖残し/野田公也

白日を月夜の声や閑古鳥/渡邊水巴

白日の透きて遊びし蛇の衣/斎藤玄

白日の天地悲しむ虎落笛/相馬遷子

白日や鼠渡りし秋の水/大谷碧雲居

白日に瞑り吹くなり祭笛/井沢正江

しどみ照る白日の蛇綯へり/西島麦南

白日のなかへ入りゆく鰆船/友岡子郷

大緑蔭端の枝白日砕きたる/香西照雄

白日の薄氷ゆるくまはりけり/中田剛

俳句例:21句目~

仏桑花白日の圃に蘂ながき/小倉岳杳

白日の額の藍こそ淡々し/馬場移公子

唐黍を噛む白日に歯音立て/大野林火

白日は硫気に染まず冬の原/渡邊水巴

天上も天下もあらず白日忌/中島月笠

白日は羽化寸前や梨授粉/中戸川朝人

如月の白日兵を征かしむる/萩原麦草

白日を敷きて万燈始まらず/平畑静塔

暑に負けて白靴の白日々たもつ/林翔

蟷螂壁に白日濁る野分かな/西山泊雲

白日や雀子チチと咽び啼き/中島月笠

松過ぎの寒さ白日たぎる潮/渡邊水巴

水中にくもる白日桜桃忌/鷲谷七菜子

河鹿笛白日を水急ぎつつ/猪俣千代子

白日に出水の泥の亀裂かな/沢木欣一

白日に国尽くる所草枯れぬ/斎藤空華

白日の天の剥落つばくらめ/秋元大吉郎

白日の雪原を行く浚はれゆく/成田千空

白日に蟻の肉体すさぶかな/増田まさみ

出てすでにはるか渡しの白日傘/下田稔

俳句例:41句目~

夏山の白日虻の黄は失せぬ/石橋辰之助

白日は我が霊なりし落葉かな/渡邊水巴

白日に蝶の交りしうつつかな/藤田湘子

木苺の花白日をおそるるや/青柳志解樹

白日の巣引雀のとびかひぬ/吉岡禅寺洞

白日に据ゑて烟れる鵜籠かな/中島月笠

白日の酒座しめやかに遠鳴子/西島麦南

白日や刈芝を雪のごとく積み/栗生純夫

白日をしづかな糧と枯芙蓉/鳥居おさむ

白日にひとすぢ煙る畦火かな/西島麥南

白日夢吐息蜥蜴は眉持たず/河野多希女

発破待つ白日あをむ真葛原/伊藤いと子

白牡丹白日ここにとどまれる/水原春郎

白日に夢さらしけり花人参/上関ふみ子

画の罌粟と白日の罌粟神通ふ/福田蓼汀

阿蘇野焼焔は白日の空に舞ひ/石原八束

青芝や描きて以て白日夢/久保田万太郎

ゐなかへ白日の道の家なき彼ら/喜谷六花

女人群像街は白日の畫廊です/吉岡禅寺洞

富士あやめ剪りて白日流れけり/萩原麦草

俳句例:61句目~

本売りにゆく白日のつばくらめ/太田鴻村

白日のいかづち近くなりにけり/川端茅舎

白日の夏炉を天にちかく焚く/石橋辰之助

白日の泳ぎ子墓地をよぎりけり/西島麦南

行くほかはなし白日に藤懸かり/橋石和栲

牧師のそりと白日の白亜の島/八木三日女

牡丹双輪月世界は白日世界は紅/福田蓼汀

白日や葉をふるひゐる木々の業/栗生純夫

こがらしをゆく白日の汽車恠し/下村槐太

白日の曼珠沙華より夜を攫へ/阿部みどり女

蟹は穴にひそむ白日為すことなし/大野林火

白日の小さき杓持ち父の墓を濡らす/大橋裸木

白日音のない旋律の中にたつている/吉岡禅寺洞

白日のくらさ蝉が減つていくばかりの森/吉岡禅寺洞

きり~すの白日のこえがたましいによびかける/吉岡禅寺洞

タイトルとURLをコピーしました