疎林を使用した俳句

疎林に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

疎林を含む俳句例

機場主秋光鼻に疎林来る/宮武寒々

囮鳴かず疎林夕日の落葉かな/島村元

富士疎林三光鳥の声わたる/浅羽緑子

開戦日疎林に淡き昼の月/古賀まり子

雉啼いて疎林柩を通しけり/丸山嵐人

うす靄の日ざす疎林に秋の嶽/飯田蛇笏

冬隣るけものの予感疎林行く/熊本良悟

凍りけり疎林に散りし夕焼も/相馬遷子

寒禽の身細う飛べる疎林かな/西山光燐

疎林にて猟銃音に狙撃さる/佐野まもる

笹鳴を疎林のひかり弾き合ふ/相馬遷子

舟下りて疎林に拾ふ妻木かな/野村泊月

雪山の麓の山毛欅の疎林かな/京極杞陽

雪嶺や疎林の奥にゆるぎなく/筒井正子

冬の疎林一と跨ぎで越す単線路/北野民夫

疎林起伏に菫濃淡妣の国へ/鍵和田ゆう子

自転車を倒す夏霧疎林より/長谷川かな女

雷過ぎし眼下の疎林刃こぼれす/丸山嵐人

風とほき疎林霊屋の雪しづく/鷲谷七菜子

ひと抜けしまま風となる寒疎林/山本つぼみ

俳句例:21句目~

合格少年走るや疎林はだれ雪/鍵和田ゆう子

疎林抜けたら捨舟の川ひわひわと/伊丹公子

鎮魂や雨の疎林にすみれ摘み/鍵和田ゆう子

霧去れば日のあたらしき枯疎林/鷲谷七菜子

かげろふ疎林屈葬の穴掘られたる/鷲谷七菜子

身に入むや疎林すけつつ奈良見ゆる/森川暁水

ペンシヨンヘ疎林づたひや野薔薇の芽/大島民郎

山よりも疎林敏く覚めつぼすみれ/鍵和田ゆう子

汽車はしる疎林はばらばらとなりて/富澤赤黄男

タイトルとURLをコピーしました