舟着場/を使用した俳句

舟着場/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

舟着場/を含む俳句例

紅葉散り女を先の船着場/杉本寛

朝顔や町の中なる舟着場/大串章

蟹走る白秋生家の舟着場/松村節子

燕や石段欠けて舟着場/大橋櫻坡子

枇杷の花咲く藩邸の舟着場/松尾玲子

さみだるる岡崎さまの舟着場/清水浩

葭切や踏み板水漬く舟着場/遠藤英子

船着場春の煖炉の一つ燃え/村沢夏風

三歩出てすぐ船着場浦の秋/石川文子

舟着場に一舟のこり秋暑なる/桂信子

元日のおと響きあふ舟着場/角川春樹

昼顔や板いちまいの舟着場/奥名春江

梅探る離宮の奥に舟着場/増山千鶴子

風位また変り三日の船着場/千田一路

風通ふ舟着場より夏つばめ/西村久子

鷭仰ぐ板半ば欠く舟着場/中戸川朝人

河童忌の真菰屑浮く舟着場/原田しずえ

舟着場ありし古刹に天女花/詫摩まつ子

ここも晴れて冬大川の船着場/高橋信之

御所跡に舟着場あり草紅葉/原田しずえ

俳句例:21句目~

朝顔の垣しつらへし舟着場/後藤冬至男

李咲き山家は船着き場のような/伊藤和

船着き場なき島の浜蠅居らず/右城暮石

ゆりかもめ八百松のあと船着場/橋本冬樹

霙るるに供華売るそこは船着場/木村蕪城

八荒の護摩火くすぶる船着場/原田しずえ

柚子の香のこつんと湖の舟着場/関戸靖子

佐久島やちぬの子群るる船着場/江崎和子

冬暁けに染まる巨石を舟着き場/友岡子郷

コスモスの風にのんのん舟着場/高澤良一

荷を解きて獅子舞となる舟着場/米澤吾亦紅

なめてひからす黒飴薄暑の船着場/柴田白葉女

真菰中杭並びたる船着場/高浜虚子「虚子全集」

タイトルとURLをコピーしました