ただいま(只今)を使用した俳句

ただいま(只今)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ただいま(只今)を含む俳句例

唯今只春日爛干蝶も飛ばず/虚子

只今たゞ抜羽二枚や鶏合/森田峠

補陀落の海は唯今満月界/楠節子

巣燕や交番只今巡回中/福川悠子

唯今は十国峠時雨をる/高木晴子

蜿蜒と炎々と蟻只今旅順/攝津幸彦

天才の只今思ふ焦土かな/攝津幸彦

鯛料る只今ばかり涅槃かな/斎藤玄

誰々ぞ雪に唯今叩きこむ/広瀬惟然

横顔はただいま蚕豆に夢中/鈴木鷹夫

只今ただ落花走るや能舞台/山本歩禅

只今の牡蠣殻たたく音の中/柚木紀子

只今の草の穂絮の覚束な/佐々木六戈

只今を水を垂らせる黒揚羽/柿本多映

唯今只蒲生ふるなり院の池/高浜虚子

日めくりを剥ぎて只今より残暑/林翔

月の友只今は乳ふくませて/田中裕明

花がつを只今喜雨の通過中/鈴木鷹夫

鎌倉や只今惟麦みのりけり/正岡子規

冬帽目深ただいまと現れる/平井順子

俳句例:21句目~

夏雲の受精ただいま増殖中/岩間愛子

只今ゆ吾も仏弟子東風に出づ/白井米子

ただいまの声の弾けて夏休/平田はつみ

一生のただいま夜霧を賜りぬ/池田澄子

在ることが只今の用桃の花/小檜山繁子

ただ今でございましたと桜桃忌/如月真菜

「ただいま」は隣のぼうず冬隣/高澤良一

ただいまの声と開きぬ冷蔵庫/永井たえこ

唯今二一五〇羽の白鳥と妻居り/金子兜太

脳中唯今プリズムとなり荒れるや/毛呂篤

青葉ごうごうとただいま自由/伊地知建一

陽に酔う僕山茶花の散る只今は/伊丹三樹彦

ただいまは古酒盛られたり金欄手/加藤三七子

新しい本買ってきてさむい夜ただいま/三好草一

肌もあらわにただいま自由な暮らし/五十嵐研三

タイトルとURLをコピーしました