初恋を使用した俳句

初恋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

初恋を含む俳句例

初恋や常陰の雪の斎笹姫/林桂

裏は初恋待兼の小糠雨/仁平勝

麦鶉子の初恋は妻が知る/小島健

初恋や燈籠に寄する顔と顔/蕪村

初恋の乱れ易さよ青芒/正岡子規

芍薬や初恋前髪の詩掲げ/及川貞

内気なる子の初恋や思草/仲澤輝子

初恋の心を猫に尋ねばや/正岡子規

初恋の背合せけり涼み台/正岡子規

初恋は色水を飲む役どころ/仁平勝

茫々と初恋遠し春を待つ/稲畑汀子

藤村の初恋を聞く春炉かな/林周作

初恋の野菊のごとき腰なりき/林桂

初恋のあとの永生き春満月/池田澄子

初恋のひとの麦笛聞きし頃/石川文子

初恋のモールス信号雲の峰/仙田洋子

初恋の人住む街や初夏の雨/大橋靖子

初恋の君の名呼べば天道虫/森今日子

初恋は遠し唐黍の葉が赤し/永井龍男

初恋もカンブリア紀も遠くなる/林桂

俳句例:21句目~

初恋を秘めて女の出代りぬ/岡本綺堂

肝油噛みし頃が初恋黄水仙/守屋明俊

青林檎初恋日記ひらきけり/仙田洋子

出代やまだ初恋のきのふけふ/正岡子規

初声は初恋よりもささやきぬ/富安風生

初恋の人にされたり河豚の鍋/内田美紗

寒紅をさして初恋草とゐる/後藤比奈夫

初恋は貘の餌となり明け易し/佃/藤尾

鳥たちの初恋女人高野かな/能村登四郎

エリカには初恋草を近寄せず/後藤比奈夫

初恋のホップステツプ四月馬鹿/神戸京子

手袋にキップの硬さ初恋です/藤本とみ子

明け易き夜を初恋のもどかしき/正岡子規

コスモスや初恋の日の風と会ふ/中村真由美

初恋の来た道な/い/しよ花三分/有田裕子

切手正確に貼つて初恋のあつたことも/橋本あさみどり

タイトルとURLをコピーしました