祭囃子を使用した俳句

祭囃子に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

祭囃子を含む俳句例

浦祭祭囃子に波踊り/上野泰

祭囃子山杉覆ふ村を出て/桂信子

序の調べ静かに祭囃子かな/浅賀木

文鳥に祭囃子の音の遙か/高澤良一

遠里の祭囃子や雨の月/大須賀乙字

鳩の爪黒ずみ祭囃子かな/大石雄鬼

四五人で祭囃子や能登ふかく/飴山實

夜の刃物うつむき祭囃子過ぐ/桂信子

猫が爪研ぎゐて祭囃子かな/細川加賀

病院の壁に囚はれ祭囃子/橋本多佳子

試験場祭囃子の窓閉ざす/蔵田ひろし

雨だれに向ひて祭囃子かな/石田勝彦

鮎食みて祭囃子に心急く/伊藤いと子

人去りて祭囃子の残りけり/佐々木六戈

時差電話祭囃子も聞かせたく/山田弘子

病める歯の方より祭囃子かな/細川加賀

祭囃子やみし夜更の湯を使ふ/佐野美智

里の子よ祭囃子をまじまじと/中村汀女

教へたる祭囃子の遠くより/ながいとおる

タイトルとURLをコピーしました