駅前を使用した俳句

駅前に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

駅前を含む俳句例

駅前の屋台整ふ星祭/新津栄子

駅前の筍飯も旅の味/高橋悦男

驛前に一の鳥居や牛祭/菅直桑

駅前に草屋一軒竹の春/平瀬元

駅前に始まる古道花楝/茂里正治

駅前で天地みている鶏と/阿部完市

駅前の一の鳥居の十三夜/山本洋子

駅前の一樹に集ふ夏帽子/嶋田麻紀

駅前のいまも種屋の秋簾/廣瀬直人

駅前の酒場の女水打てる/宮武寒々

駅前に犬橇一屯ろ汽車著到/高濱年尾

初売の蜜柑積まれて小駅前/葛西十生

暮早し駅前にして暗き灯も/高濱年尾

駅前に溜まる自転車納税期/池田秀水

退職す駅前噴水にも別離/成瀬櫻桃子

駅前がさびれ燕の子沢山/寺島ただし

駅前の寒さ貧しさ映画ビラ/右城暮石

駅前に街の未来図春を待つ/富田初代

余呉の駅前もうしろも大青田/浜崎民子

年内かわきがち駅前に川を蓋ぐ/竹中宏

俳句例:21句目~

駅前に自転車あふれ日脚伸ぶ/大町莞子

芒生ふ駅前仮バスターミナル/高澤良一

駅前の昼の懈怠に花散れり/太秦女良夫

駅前の自転車置場干菜吊る/房川喜三男

駅前や雉子売りあるく人の中/河野静雲

駅前の木のそこかしこ聖樹の灯/高澤良一

トラックで売る駅前の青みかん/井口朝子

駅前の自転車サドルに赤とんぼ/高澤良一

少年液化す宮沢賢治の駅前で/高野ムツオ

檸檬盛つて夜は酒售る駅前茶房/鈴木栄子

かき氷のみよく売れる駅前店/八木下ヨネ

駅前の蚯蚓鳴くこと市史にあり/高山れおな

駅前をぶらぶら歩く夏休み/カコタミミズク

駅前を承知のさくら咲きはじむ/五十嵐研三

駅前に茄子苗売りのこぼせし土/田川飛旅子

新橋の驛前夜寒のサンドヰッチマン/高澤良一

冬の駅前犬過ぎ人過ぎぬけがら過ぐ/加藤楸邨

タイトルとURLをコピーしました