牛車を使用した俳句

牛車に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

牛車を含む俳句例

春風や四條五條の牛車/正岡子規

秋草や大原出づる牛車/西山泊雲

はつ雪やふりふり帰る牛車/三貫

軋り出づ藤原祭の牛車/阿部五渓

牛車十程ならぶ枯野哉/正岡子規

夏川や随身さきへ牛車/正岡子規

短夜や逢阪こゆる牛車/正岡子規

ぬかるみに螽飛込む牛車/羅蘇山人

夕立や大路にかゝる牛車/正岡子規

短夜や日の岡こゆる牛車/正岡子規

牛車歸る大津のしくれ哉/正岡子規

蛇皮線に涼しき喉や水牛車/森高子

釈迦堂の春日の塀を牛車/星野立子

黒牛の光るお十夜牛車/後藤比奈夫

出し衣見えざる牛車加茂祭/広田祝世

夕顔垣きしむ牛車を空耳に/田中英子

干草の牛車は星に繋ぐべし/黒田杏子

汗わくや動きもやらぬ牛車/正岡子規

燕や懸想して見る牛車/長谷川かな女

牛車とほりしあとの目借時/細川加賀

俳句例:21句目~

竹伐つて嵯峨は初荷の牛車/大谷句仏

紐噛んで牛車の牛も雛の中/関戸靖子

若夏や牛車が通る珊瑚道/安田喜美子

蓮如忌の人をのせ行く牛車/畔柳二葉

雛の世の牛を解きたる牛車/古舘曹人

大揚羽蝶牛車の軽き荷の上を/八十島稔

朝縦横にかけて牛車の大氷/楠目橙黄子

椿山より踏切見ゆれ牛車待つ/原田種茅

菜の花や一やすみして牛車/小酒井不木

しくるゝやいつこの御所の牛車/正岡子規

女曳く枯野の牛車墓石を積み/軽部烏頭子

暮の秋牛車とほりて微塵なし/戸塚時不知

銀漢やごとりごとりと牛車く」/日野草城

雛調度牛車より誰が降りにけむ/高澤良一

ブーゲンビリア水牛車ゆく西表島/新福ふく

悲しみの牛車のごとく来たる春/大木あまり

狐火やころりころりと牛車/吉武月二郎句集

牛車揺れる写真うつせばうつらぬ空/阿部完市

鳴きかける仔牛を牛車きしり出でぬ/原田種茅

タイトルとURLをコピーしました