鑿を使用した俳句

鑿に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鑿を含む俳句例

北国の雪像刻む鑿熱き/金山敦観

石工の鑿冷し置く清水かな/蕪村

下闇や百万両の鑿の跡/正岡子規

鑿彫りの誕生佛の乳と臍/辻桃子

坑道に残る鑿跡滴れり/南/紫香

筆匠の鑿返し研ぐ朝桜/井口秀二

霜天に鑿もて彫りし山すわる/遷子

熊を彫る鑿は一丁晩夏光/北野民夫

夏野路や渡り石工が鑿袋/野村喜舟

新緑に鑿の重みの道具箱/長谷川櫂

春昼の鑿深く彫る三春駒/大津希水

初鑿をがんと入れたる大仏師/林日圓

春泥や光りて売らる鑿鉋/駒敏郎遠天

朝鵙に鑿を置きたる仏師かな/小澤實

石工の鑿冷したる清水かな/與謝蕪村

槌と鑿離ればなれに松の内/中村和弘

石碑彫る鑿に火の飛ぶあきの風/几董

緑蔭に石割る鑿の火を放つ/小林洋正

霜の降る夜や車打つ鑿の冴/幸田露伴

沈金師鑿十本に梅雨ごもり/毛塚静枝

俳句例:21句目~

二日はや鑿研ぐ阿波の人形師/溝渕匠史

木の里の鑿百丁の涼気かな/山崎千枝子

蝶に錆び石仏火焔彫りし鑿/神尾久美子

鑿冬へひびきが競い石切場/赤城さかえ

鑿受けず踏まれず河の日焼石/近藤潤一

木の実どき鑿目を残す観世音/高澤良一

鑿音のとほりて遠し霜日和/ふけとしこ

ムーア族の鑿あと昏らむ人影に/伊丹公子

主も大工冬日ぬくめし鑿を買ふ/有馬朗人

地底の鑿岩冬の裸が発光して/加藤知世子

沙羅ひらくひかりに仏師鑿を研ぐ/羽田岳水

鑿岩音に時が断たるる返り花/鍵和田ゆう子

鑿の音師走をきざむ如くなり/阿部みどり女

鑿を舐めて彫るや夜長の彫刻師/長谷川零余子

みじか日の鑿研いで大工帰りけり/多久島美代子

句読点のように鑿おく雨のバンクーバー/伊丹公子

渾身は涼し仏を鑿攻めに/大岳水一路「氷室の桜」

石切場に石切る鑿の音ひびき麓はかすむ菜の花ばたけ/太田青丘

タイトルとURLをコピーしました