奉納を使用した俳句

奉納に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

奉納を含む俳句例

奉納の白き幟や冬木立/正岡子規

奉納の赤手拭や春の風/羅蘇山人

奉納の鮪ごろりと初戎/西脇妙子

よき馬や櫻に曳て御奉納/村上鬼城

大鋸を奉納の宮霧うごく/川崎展宏

奉納の土俵新藁にて囲む/花谷和子

奉納をされし頬白囀れり/茨木和生

左内忌や学童相撲奉納し/野口/稔

葉桜のころの奉納相撲かな/日原傳

雨乞に女相撲を奉納す/佐々木鳴子

六斎の奉納すみし夜蝉鳴く/奥村茂風

奉納の巫女の舞ひゐる夏衣/上原信子

奉納の手拭こほる月夜かな/羅蘇山人

奉納の白馬を見上げ吉宗忌/圓生智子

奉納の繭も慈姑も新嘗祭/三谷いちろ

奉納舞鹿の在所は六角牛山/高澤良一

終戦日戦友と奉納機関車触る/河秀風

腰ざしのゆらゆら奉納鹿踊/高澤良一

黄華鬘や能奉納の笛ひびく/山下智子

千姫の奉納羽古板古りにけり/稲荷島人

俳句例:21句目~

奉納のしやもじ新らし杉の花/杉田久女

奉納の手型の絵馬や七五三/佐野たけ子

奉納餅みづから砕け旭の岬/平井さち子

奉納の和歌と留守なる神の和歌/後藤夜半

奉納の子泣き相撲や春立てり/町田千鶴子

奉納太鼓宮の淑気を揺さぶりぬ/畑中良子

奉納繭の粒を豊かに秩父祭/ながさく清江

文殊会や子の一字書きの奉納額/大野修二

奉納相撲野太き漁婦の声飛びて/長谷川閑乙

からくり奉納注ぐ秋日に手をかざし/高澤良一

腰巻奉納ぽっくり寺くっくっ石笑う/古川克巳

タイトルとURLをコピーしました