とよもすを使用した俳句

とよもすに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

とよもすを含む俳句例

峯とよむ祭や湖の水なれ棹/嘯山

鳴きとよむ水の暗さの恋河鹿/原裕

白山の雪しろ濁りとよむかな/飴山實

一軒に一橋とよむ雪解川/小川原嘘帥

春嵐鳴りとよもすも病家族/石田波郷

汝を帰す胸に木枯鳴りとよむ/藤沢周平

唐辛子乾びてとよむ能登の海/冨樫藤予

蜩のとよもしあへる泊瀬かな/西村和子

雨樋の鳴りとよもせる夏書かな/飴山實

駒鳥の日晴れてとよむ林かな/高桑闌更

私市はきさいちとよむ雨の私市/阿部完市

かの茂る山截ち裂きてとよむ滝/相馬遷子

乃木坂をとよもす軍歌憂国忌/池上いさむ

生まれ家の柱のとよむ卯月かな/柿本多映

夜は夜の波のとよもす新松子/三田きえ子

寒林をとよもして雉おどろけり/相馬遷子

桜うぐいとよもすものを雲の中/伊藤敬子

銀漢に鳴りとよもせる那智の滝/鈴木貞雄

雲海のとよむは渦の移るらし/水原秋櫻子

とよもして海蝕の洞海髪を吐く/山崎冨美子

俳句例:21句目~

海境のとよもる八雲の忌なりけり/邊見京子

樹液鳴りとよむ満開のさくら揺れ/仙田洋子

銭ほしとよむ人ゆかしとしのくれ/服部嵐雪

雲海をとよもし航けるエンジン音/高澤良一

須佐之男の山河とよもす星の恋/永井由紀子

鳴りとよむ火口に霧の巻くしづけさ/山口草堂

このあをき夜がはや今年ぞととよむ/上井正司

いかづちの戸隠山樹魂とよもせり/鍵和田ゆう子

鯖食いたしあをあをと夜のとよもせば/上井正司

狗ひん翔ぶや雲嶮しく山山とよもしけり/日夏耿之介

縹渺の頸城/沼/蒲原と切なき地名に吹雪とよもす/大滝貞一

家にしも非る家もたまさかを訪ふきみに厨とよもす/高橋睦郎

津和野藩主亀井家の墓所尋め来れば木立とよもす蝉しぐれなる/森伊佐夫

夕つかた町とよもして地震過ぎつわれはしろがねの粥食みゐしを/高橋睦郎

やまばとのとよもすやどのしづもりになれはもゆくかねむるごとくに/会津八一

タイトルとURLをコピーしました