小鉢を使用した俳句

小鉢に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

小鉢を含む俳句例

学ぶ子に蚕豆頒つ小鉢なり/林翔

蓮根と悔恨を容れ皿小鉢/徳弘純

船長の愛す菫の小鉢哉/正岡子規

月の宴桐箱出でし皿小鉢/品川鈴子

短夜や音を重ねて皿小鉢/丸山嵐人

菊小鉢禁煙室に検査待つ/中西凍雷

遊行忌や小鉢に山の衣被/熊谷國男

男一人逝き三伏の皿小鉢/瀬川紅司

白と白重ね無月の皿小鉢/竹内順子

山男くる捩花の小鉢提げ/高井北杜

桜草の小鉢に二階住ひかな/野村照子

棗盛る古き藍絵のよき小鉢/杉田久女

水貝の小鉢の氷ぐもりかな/綾部仁喜

水飼ひの赤蕪芽吹き小鉢皿/石川桂郎

汁淡竹小鉢わらびの早き朝餉/及川貞

涅槃会の闇に積みあげ皿小鉢/井上雪

秋めくや厨の小鉢触るる音/今泉貞鳳

窯出しの浅黄の小鉢風光る/垣迫俊子

白菜や小鉢の渦の藍濃ゆく/今泉貞鳳

菊苗の小鉢を五つ並べけり/星野紗一

俳句例:21句目~

青饅や新居に古き皿小鉢/松倉ゆずる

はればれと焼野の匂ふ芹小鉢/野澤節子

もの音や人のいまはの皿小鉢/三橋敏雄

十六夜や酒に間のある萩小鉢/古舘曹人

皿小鉢洗つて伏せて十三夜/鈴木真砂女

白南風やかさねて藍の皿小鉢/松村蒼石

煮わらびの淡煮の青を小鉢盛/木津柳芽

蒟蒻も豆腐もこほる小鉢かな/窪田桂堂

蕗味噌や萩の小鉢は妣好み/高坊富美女

蜂の子も小鉢につきて薬喰/田中すゑの

皿は皿小鉢は小鉢年の暮/久保田万太郎

なつめ盛る古き藍絵のよき小鉢/杉田久女

朝顔の小鉢を置いて路次暮らし/田中冬二

福寿草植ゑよくくれる小鉢かな/会津八一

こほろぎや皿も小鉢もふたつづつ/黒田杏子

葉牡丹小鉢なにぶん景気振はずよ/高澤良一

煮くづれし蕪を小鉢にみぞれけり/草間時彦

死ぬも生きるもかちあふ音の皿小鉢/三橋鷹女

酢もづくが小鉢にありぬ通夜の酒/星野麥丘人

子のない家内のうらやまれ躑躅の小鉢/喜谷六花

タイトルとURLをコピーしました