水仕を使用した俳句

水仕に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水仕を含む俳句例

仮住のなれぬ水仕や春浅き/立子

初花や杣の手業の水仕掛/飴山實

如月や水仕こま~樓廚/松根東洋城

袖かろし夏めく水仕はげまされ/貞

悴みし手に水はじき水仕事/上野泰

手袋の中の水仕の嫌ひな手/前内木耳

穀象や私服の母の水仕事/野上美代子

秋めくや男水仕と言ひ捨てむ/齋藤玄

短日や水仕にあかぬ女の手/西島麦南

韮咲くと袖口まくり水仕事/菖蒲あや

霜やけや武士の娘の水仕事/正岡子規

酉の市行かず仕舞の水仕事/菖蒲あや

車井や水仕しまひし夏の月/清原枴童

弥生尽その夜も遅き水仕事/長谷川櫂

いさゝかの水仕のこすや初鴉/石橋秀野

退勤のすぐなる水仕胡瓜もみ/高野彩里

麦埃はたき野良着のまま水仕/岡本明美

ひそやかに尼が水仕や額の花/野村泊月

梅雨ごめの片手庇ひに水仕妻/皆川白陀

水仕せぬ母の手やさし薺爪/古賀まり子

俳句例:21句目~

水仕女の柄杓で追ふや猫の夫/高田蝶衣

草深く盆の水仕の灯を流す/馬場移公子

荒神に寒の水仕女燈をさゝぐ/西島麦南

蕗を先づ湯がいて春の水仕事/高澤良一

かほぬれて門辺水仕や菜種梅雨/森川暁水

にひづまの水仕愉しむ薄暑かな/西島麦南

枯蘆の泣く風よとも水仕女の/廣江八重櫻

蛇口より冷めたき水となる水仕/高木晴子

娘のための水仕いとはず負真綿/河野静雲

袖なしや水仕すみたる朝つとめ/河野静雲

誘蛾燈またゝいてゐる水仕かな/松藤夏山

豆黒く煮つめ火仕へ水仕へ妻/加倉井秋を

夕顔に水仕もすみてたたずめり/杉田久女

風邪妻の小膝のぬれし水仕かな/石原舟月

梅雨の漏かかりてぬるる水仕かな/森川暁水

早くすむ水仕はさびし甘藷を食ふ/亀井糸游

夏園へ水仕すませて遅れ出る/阿部みどり女

五月佳し水仕すゝんでつかさどる/篠田悌二郎

エプロンは冬の水仕に濡れやすき/波多野爽波

水仕女の父たづね来し糸瓜かな/菅原師竹句集

タイトルとURLをコピーしました