小流れを使用した俳句

小流れに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

小流れを含む俳句例

庭涼し小流れ走る山の寺/正岡子規

神田川に灌ぐ小流れ花筏/毛塚静枝

石菖の小流れの水促せり/長塚京子

我宿は芒かくれや小流れに/角田竹冷

石菖や小流れはやき根来寺/山崎行雄

わが村に小流れ多し霜の花/高井北杜

小流れに鍋浸しある夕牡丹/佐藤汀舟

小流れに鍋釜洗ふ良夜かな/田中冬二

小流れに障子を浸す一葉忌/棚山波朗

芹摘むや鳥羽帝陵の小流に/園多佳女

小流れの音が奥にも冬木立/佐野朝野

小流れに指しびれけりお花畑/森田峠

小流れも千曲の早瀬菜を洗ふ/及川貞

女背に負へば秋深き小流れよ/清水基吉

小流れに菜屑流るる二月かな/鎌倉博史

小流れに釜洗ひゐる良夜かな/田中冬二

小流れのありて色添ふ野の錦/桜木俊晃

小流れの田芹の丈の摘み頃に/渡部タイ

溝蕎麦や多摩の小流ここに又/高浜虚子

小流れの渡し板替ふ盆の路/吉田百合子

俳句例:21句目~

小流れは春を唄ひぬ蚕神/鍵和田ゆう子

草庵へ芹の小流れありにけり/堀/文子

鞍馬路の小流れ鳴らす芋水車/観山繁子

わさび田の小流れ夕日返しけり/高澤良一

小流れといへど急げる雁の頃/片山由美子

小流れに光のすぢの目高追ふ/石本百合子

小流れも利根のうちなり種浸す/小杉余子

海野宿の小流れ跳んで地葱買ふ/高木美波

神苑の小流れ静かとんぼ生れ/井手わか子

小流れも澱むも谷戸の冬の水/山本つぼみ

菜を洗ふ宿場つらぬく小流れに/川勝ミヨ

蜻蛉生る小流れの照り葉先まで/大熊輝一

あるなしの小流れに沿ひ十二月/池上貴誉子

はまなすに空気小流れつくりけり/高澤良一

乗込みや利根の小流れひかりあふ/増田/史

小流れをなせる余り温泉赤のまま/高澤良一

小流れを跳びてこぼしぬ実むらさき/及川貞

此処に太宰死す小流れの葎かな/徳田千鶴子

小流れに日のしんかんと施餓鬼かな/橋本義憲

小流れの出会ひ音たのし寒紅梅/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました