二の腕を使用した俳句

二の腕に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

二の腕を含む俳句例

二の腕の倖せ肥り更衣/谷泰子

二の腕まである手甲蓴採/平川秋帆

頼もしき母の二の腕更衣/香西照雄

二の腕に腋毛をはさむ夏休/平畑静塔

豆腐屋の太き二の腕春隣り/甲州千草

二の腕のやや衰へし盆支度/岩田由美

蛍狩二の腕冷えて戻りけり/千手和子

二の腕の歴然とあり秋の風/高澤良一

黒南風の潮の湿りを二の腕に/坪井耿青

踊太鼓打ちて二の腕までが撥/品川鈴子

二の腕で顔を拭へり渋搗女/海野みち子

二の腕に声染みついて妊りぬ/春海敦子

二の腕に虹のかかりし水族館/大石雄鬼

夏近し二の腕軽く機を織り/安達実生子

二の腕を浮べて長湯彼岸過/肥田埜勝美

二の腕の白さかくさず更衣/鳥沢まさ江

二の腕は柘榴と同じ味がする/櫂未知子

二の腕の若者らしき壬生踊り/越智晶子

二の腕の若さ真白き蛾を殺す/稲垣きくの

二の腕の裏白し朝寝の土工らし/香西照雄

俳句例:21句目~

二の腕の触れあつてゐし盆の寺/森賀まり

サンドレス二の腕に齢集めけり/谷口桂子

二の腕をぴしやぴしや叩き更衣/川村紫陽

夏大根二の腕ばかり褒められて/古川塔子

夕ベ来て二の腕冷ゆる桜桃忌/小倉栄太郎

嵯峨狂言女の二の腕太きかな/有田美代子

瓜番の二の腕に蛾のとまりたる/岸本尚毅

花冷やほくろちひさき二の腕/鷲谷七菜子

花衣二の腕あたり冷えてきし/神尾久美子

二の腕も風に触れたき薄暑かな/山田弘子

春めけり二の腕までもあらはな娘/莇/宮子

二の腕の太き讃岐の寝釈迦かな/大栗須美子

二の腕細き遺児よ万緑左右に迫り/香西照雄

二の腕の木の芽摘みたる疲れかな/加藤タイ子

二の腕の太くなりしを蝉しぐれ/津波古江津子

二の腕を見せてまくなぎ拂ひけり/小見山希覯子

二の腕のひぐらし冷えとなりゐたり/三田きえ子

主婦等涼し二の腕ゆたかに寄り集い/赤城さかえ句集

二の腕をあらはに巫女の実梅もぐ/森脇富美江「かつらぎ選集」

タイトルとURLをコピーしました