日がなを使用した俳句

日がなに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

日がなを含む俳句例

山寺の日がな賑ひ二日灸/八木昌子

蓴採る日がな己の影の中/桑原晴子

観梅や日がな小声の占師/北原弘子

青年の日がな働く若布船/延原美幸

海棠や日がな一日降れる雨/大野信子

釣堀の日がな一日カンナかな/関利治

鴬の日がな鳴きつぎ夕ざるる/若菜道

堰水に浮草ひがな巻きこまれ/南典二

あらぬ方日がな泳ぎて金魚玉/関戸一正

日がな霾りてどこかに旅疲れ/山田弘子

凍解かぬ根深の畝を日がな風/大熊輝一

日がな雨静かに毛虫太りゐる/北元多加

刈芦に日がな埋もれて芦長者/田川維勢

受離日の十字架日がな翳を負ふ/島夏子

寒明くと日がな濡雪日照り雪/西本一都

水仙に日がな風吹く岬かな/小林美千代

畳屋に日がな叱られ羽抜鳥/山田みづえ

矢車の日がな出雲の雲行かす/金森訓子

空母来て日がな一日秋の蝿/木枝一翁子

萩黄葉日がな日暮のやうな空/山田弘子

俳句例:21句目~

雲の影日がな流して大夏野/今橋眞理子

頸よ日がな夏服の衿を汚して/池田澄子

十薬のひがな鋼を切る匂ひ/比良真衣子

あぢさゐに彩づけの雨日がな降る/上村占

日がな一日木犀の花こぼるる日/緒方聿子

松蔭に日がな画架あり鬼やんま/富田潮児

人恋うて日がな海見る蓮如の忌/中村初枝

凧揚げの日がな一日沼の荒れ/岩出千代子

千金の余生を日がな雪を掻く/柿崎としお

大土間に日がな炉火焚く酢茎宿/中田余瓶

柿吊す日がな小鳥を聞きながら/矢沢茂子

クローバに日がなセスナの鼻濁音/西村和子

出水退くや青天日がな風鳴れる/金尾梅の門

日がな地を這ひゐて吾の蜷に似る/中川博秋

血止草ひがな手首を見て暮らす/鳥居真里子

無為にしてひがな空蝉もてあそぶ/川端茅舎

こいびとを日がな眺めて春の風邪/池田澄子

オロロン鳥日がな海見て空を見て/文挟夫佐恵

春田鋤く日がな蹤きくる一羽ゐて/常行佐代子

有無の日がな沙汰まつ上達部/伊藤松宇「松宇家集」

タイトルとURLをコピーしました