夜泣きを使用した俳句

夜泣きに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夜泣きを含む俳句例

颱風の後詰犇く夜泣潮/石塚友二

夜泣する小家も過ぬ鉢叩き/蕪村

山百合や夜泣石まで坂一丁/関森勝夫

夜泣そば眠らねば水枕鳴る/大井雅人

雪晴夜夜泣峠をうさぎ跳ぶ/赤尾兜子

下闇や文字も見わかず夜泣石/秋櫻子

城垣に夜泣きする石花供養/飯塚風像

足袋ぬいで夜泣峠の土払ふ/丸山佳子

浜荻の一ト夜泣たは誰が声ぞ/北枝/

彼岸花も夜泣石も雨に濡れ/田中冬二

小鳥来る小夜中山の夜泣石/塩澤美津女

寒風やだんまり解かぬ夜泣石/渡辺恭子

夜泣いて落葉松ぬれて霧の樅/和知喜八

恋猫のあはれやある夜泣寝入/正岡子規

夜泣きする嬰と競ふや雨蛙/永易まるみ

夜泣きそば眠らねば水枕鳴る/大井雅人

我も月に雨をわびけり夜泣貝/立花北枝

夜泣き子の深き眠りへ旱星/三浦加代子

日雀来ていよいよ丸き夜泣石/鈴木紀枝

昼は寝て夜泣きの石や吾亦紅/宮坂静生

俳句例:21句目~

すが漏るや夜泣き子昼を深眠り/米田一穂

やうやうに夜泣き納まり夏の虫/高澤良一

夜泣き子と下水を残し街凍てる/森田智子

夜泣き子の白鳥もゐて勇払野/平井さち子

浜荻のひと夜泣いたは誰が声ぞ/立花北枝

玻璃の外ほら雪が降る夜泣子よ/中村明子

藁塚やいまも老女の夜泣きぐせ/藤田康子

夜泣子を抱けば狐火移りけり/櫛原希伊子

電柱の月にて夜泣きうどんかな/作道放洋

こほろぎや露なめて居る夜泣石/正岡子規

夜泣き櫻鬼城聴きしと想ひけり/北見さとる

更くる夜の愛しきものに夜泣そば/中村春逸

女患らの夜泣うどんにさざめくも/石田波郷

灯のもとに霧のたまるや夜泣蕎麦/太田鴻村

燈のもとに霧のたまるや夜泣蕎麦/太田鴻村

嬰の夜泣き外には冬田あるばかり/門脇無声洞

籠ぎすの夜泣きを忌みて放ちけり/金尾梅の門

夜泣饂飩食べて手柄を立てにゆく/古賀くにお

雨乞いに夜泣きの嬰をおいて出る/吉田さかえ

夜泣きしてみみずの臭いしているよ/八木三日女

タイトルとURLをコピーしました