寝転ぶを使用した俳句

寝転ぶに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

寝転ぶを含む俳句例

ころり寝ころべば空/山頭火

石菖に風あり主寝転ひて/尾崎紅葉

鞦韆を下りて寐転ぶ芝生かな/鳴子

寐ころべば靴青空へ卒業期/香西照雄

葉がくれの瓜と寝ころぶ子猫哉/一茶

白砂に犬の寐ころぶ小春哉/正岡子規

寝転べば少年となる春の雲/小澤/徹

枯草に寝ころぶやからだーつ/山頭火

寝ころびし少年の窪落葉山/斎藤夏風

寝ころべば靴青空へ卒業期/香西照雄

松かぜ松かげ寝ころんで/種田山頭火

寝ころべば昼もうるさし秋の蝿/桃隣

寝ころんで俳諧安居夏の月/河野静雲

寝ころぶや手まり程でも春の山/一茶

寝ころびて太き枝ぶり秋湯治/上村占

げんげ田に寝転ぶ妻を許し置く/三好曲

どの窓も雷光の燃ゆ寝転べり/原田種茅

紅葉観て寝ころぶによし岩畳/斎田鳳子

寝ころびて待たるるものよ小夜鵆/惟然

寝ころびて砂丘は白し秋の風/引田逸牛

俳句例:21句目~

海軍が寝転んだ海の沖から冬/武田和郎

寝ころびし爪先にはね秋の風/皆吉爽雨

寝転べば睫毛蕊なす花野かな/岡部玄治

秋天や大堤防に寝ころびて/池内たけし

寝ころんで背負ふ地球や鰯雲/鶴田独狐

寝ころんで書読む頃や五六月/正岡子規

中空に寝ころぶ人や梯子乗/大谷美和子

げんげ田に寝転んでいる町役場/武田和郎

寝転がる我が身の弱さ蝉時雨/宇佐美次男

寝転んで読む悪女伝さくらんぼ/野村尚子

葺替の萱に寝転ぶゆるされよ/八木林之介

駈ける子に寝転がる子に草紅葉/中里泰子

きりぎりす腰紐ゆるめ寝ころべば/桂信子

利根べりに寝ころび足で蝶を追ひ/上野泰

太刀佩いて芝に寝ころぶ子の日かな/一茶

学帽をとばし寝ころぶ芝青し/成瀬正とし

寐ころんで牛も雪待つけしき哉/正岡子規

寝ころびて待たるる物よ小夜鵆/広瀬惟然

寝ころべば空に燃え立つ彼岸花/大西土水

寝ころぶや一顆の柘榴雲にふれ/太田鴻村

俳句例:41句目~

寝ころべば地のぬくもりや鰯雲/山川充恵

寝ころべば耳を若草くすぐるよ/小島國夫

寝ころんで牛も雪待つけしき哉/正岡子規

寝ころんで酔のさめたる卯月哉/正岡子規

草の上に寝ころんで見る凧高し/島田青峰

萩の上に寐ころびうつや鹿の腹/正岡子規

寝ころべば水からくりのしづけさに/上村占

寝ころびしよりひき寄せて籠枕/今井杏太郎

寝ころべる女あらはに避暑の宿/成瀬正とし

寝ころんてゐれは小舟の通りけり/正岡子規

寝ころんでチェーホフを読む囮守/水野李村

天草に寝ころんでゐる海女のスト/萩原麦草

寝ころんで見れば小舟の通りけり/正岡子規

寝ころべば土筆シグナル遠く立ち/宮津昭彦

甘藷食ふは至福にちかし寝転べば/伊藤白潮

橋裏を見上げ寝ころぶ春きさらぎ/高柳重信

寝ころんで見るに糸瓜の長きこと/伊藤通明

どったんと寝転び昼寝でもせんか/高澤良一

蒲公英や寝ころんで聴く地の韻き/植田桂子

語らず寝ころぶ怒濤も夜の砂に友/古沢太穂

俳句例:61句目~

避暑地去る心残りに寝ころびて/成瀬正とし

雪とばし寝ころぶ犬を見下ろす犬/京極杞陽

寝ころびて刻明に爐火見はじめぬ/石橋辰之助

寝ころびてけふといふなく夏逝かす/高澤良一

寝ころべばすぐに眠くて避暑の宿/成瀬正とし

クローバに寝ころべば子が馬乗りに/伊藤彩雪

ものぐさの寝ころびて見る夜の新樹/八十島稔

さくら咲き男は防波堤に寝ころぶ/加倉井秋を

寝転べば吾も夏景色のひとつ/ともたけりつ子

石ばかりの中に寝ころび泪にじむ/北原志満子

クローバーに寝転び雲に運ばるる/すずき巴里

寝ころぶは戦死のかたち夕かなかな/田沼文雄

鵙鳴くや寝ころぶ胸へ子が寝ころぶ/古沢太穂

寝ころびてコスモス空に咲かせけり/片岡うらら

寝ころんで蝶泊らせる外湯哉/一茶/寛政七年乙卯

曲水やどたり寝ころぶ其角組/一茶/文政三年庚辰

不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心/石川啄木

タイトルとURLをコピーしました