氷河を使用した俳句

氷河に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

氷河を含む俳句例

岩燕氷河尖端村に入る/松本旭

撩乱の氷河頭上に金鳳華/有働亨

月蒼き氷河長身横たはる/有働亨

北極の氷山氷河旅九月/河野静雲

邂逅へ胸の氷河が始動する/渋谷道

蜻蛉や少女が憩ふ氷河跡/堀口星眠

春星やとはの氷河を村の空/有働亨

憂ひなし桔梗の空に銀氷河/有働亨

船笛に遅るる谺氷河より/品川鈴子

神眠る蒼き氷河に雲の峰/仙田洋子

勿忘草神々の座に氷河照り/有働亨

淋しさを氷河と頒つ岩の上/有働亨

山霧を行かせ蒼白なり氷河/有働亨

夏白き氷河垂れたり牧草地/有働亨

夏空の一滴蒼く氷河透く/仙田洋子

雪割草氷河の水に根を濯ぐ/依田明倫

雲の居の氷河は昏しさくら草/有働亨

夏氷河よりの雪代流れ急/小原菁々子

足下より煌きわたる大氷河/高澤良一

氷河懸るこの寂けさを雲湧きて/林翔

俳句例:21句目~

氷河飛ぶ秋光の鳥頬緊めて/伊澤秋家

大氷河烟り音なき白夜かな/仙田洋子

白夜なる氷河に神の爪の跡/仙田洋子

大氷河神の鋸もて切らん/山口波津女

天上氷河地上花野よ徒渉る/斎藤俊子

天懸る氷河や避暑の木組荘/桂樟蹊子

真輝く氷河を前に道消ゆる/高澤良一

群青の氷河湖見えて夏木立/中村昌恵

氷河照りガイドの村に祭礼日/有働亨

一万年経たる氷河の端を踏む/山口速

葛飾や落穂を込めて初氷/河村むつ子

過ぎりしは鷹か眼前氷河照り/有働亨

億年を氷河に漂ひゐたる石/有馬朗人

毛蟹さえ小刀ほどの氷河抱き/渋谷道

新宿や氷河の色のラムネ瓶/後藤眞吉

新年を歩く氷河湖いろの街/伊丹公子

勇捕る碧き氷河に神がゐて/角川春樹

おのが胸抱いていたはる風氷河/有働亨

おんおんと氷河を辷る乳母車/中村苑子

霧おろす氷河を樅の空に見たり/有働亨

俳句例:41句目~

青林檎氷河の裾にひと夜寝て/村上光子

音も無く氷河の上を水はしり/高澤良一

氷河照るやくの牧場の草紅葉/白井眞貫

鬱の日の点ともならず夏氷河/笠井道子

氷河見て独りの鈴は掌に転ぶ/古舘曹人

鼬跳ぶ氷河のあとといふ岩場/高木良多

動悸打つごとく氷河の雫かな/高澤良一

雑炊を吹く日も空の氷河照る/坪内稔典

水餅のやうに氷河の横たはる/高澤良一

氷河飛ぶ計器の針の敏き搖れ/品川鈴子

乾杯は氷河の水や避暑たのし/岩崎照子

傾く/汝れが氷河の円錐仮説/加藤郁乎

約束の虹立つてゐる氷河かな/仙田洋子

冷まじや氷河を懸けし奇峰群/桂樟蹊子

初夏の氷河くづれて神目覚む/仙田洋子

紙コップ氷河の雫うけて飲む/品川鈴子

夏星の座の組み変はる青氷河/小澤克己

肺活量少なく踏むは青氷河/竹中碧水史

大氷河はるかの地中海めざし/鷹羽狩行

大氷河暮れ虫の声ばかりなり/仙田洋子

俳句例:61句目~

月下にてこころ氷河の匂ひ満つ/有働亨

太陽をOH!と迎へて老氷河/鷹羽狩行

色濃ゆし氷河の跡の鳥かぶと/山下智子

芥子咲くや氷河をのぼる朝の雲/有働亨

草の花氷河すさりし跡に充つ/高澤良一

氷河の霧さびしき雨を落しそむ/有働亨

星寒く氷河重たくありにけり/依田明倫

春光をしづめて蒼き氷河かな/三宅一鳴

遠い声きみの氷河に釘を打つ/松原秀行

きらめくにまかす氷河や夏の果/仙田洋子

氷河見よやかく新たなる夏日照り/有働亨

氷河ありける空の藍より岩燕/文挟夫佐恵

栗鼠あそぶ氷河の裾の花野かな/城谷文城

マーガレット氷河への径石ころ径/有働亨

光度増し氷河息づきゐるごとし/高澤良一

足元に日の艶出でて氷河の秋/鳥居おさむ

サングラス断てり氷河の乱反射/高澤良一

氷河仰ぐ花束ほどの日だまりに/古館曹人

空谷へ氷河のいろにさくら咲く/近藤潤一

樺咲くや氷河に逝きしガイドの墓/有働亨

俳句例:81句目~

目くるめく光体となり氷河馳す/高澤良一

夏氷河果つ岩黄蝶翔ぶを見し/小原菁々子

大氷河無のしづけさに人等立つ/大橋敦子

山ホテル氷河明りに壁炉燃え/小原菁々子

巨き氷河下りくる雲の中に消ゆ/山口青邨

氷河割れサーカス団の来る明日/滝口千恵

雲に日の入れば氷河の憮然たり/高澤良一

氷河湖に赤き喉もて立ちくらむ/五島エミ

胎動は氷河きらめくときにあり/対馬康子

炎天に蒼い氷河のある向日葵/富澤赤黄男

氷河の貌見つつ紅葉くぐりゆく/伊藤敬子

飛天女となれり氷河を後にして/品川鈴子

氷河見てはじめの牛乳を温めよ/古舘曹人

ごきぶりや氷河を滑り来たる艶/小檜山繁子

アルペンローゼ真昼の氷河音もなし/有働亨

サングラス氷河に青く我立てり/中田てる代

エンチアン摘み氷河の石を持ち帰る/有働亨

常に移動氷河吾佇つそのときも/佐藤三千子

氷河湖を天使が漕ぐのは黄昏どき/伊丹公子

生ビール氷河のごときセロリ食む/松山足羽

タイトルとURLをコピーしました