山寺を使用した俳句

山寺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山寺を含む俳句例

山寺や門を出て行時鳥/坡皮

山寺や切干筵松籟シ/尾崎迷堂

山寺に米搗く程の月夜哉/越人

山寺や黄菊白菊皆膾/野村喜舟

山寺や蝶が受取る甘茶水/一茶

山寺や昼寝の鼾時鳥/正岡子規

山寺の春や仏に水仙花/横井也有

山寺に余る大樹の糸桜/江東千代

山寺の方丈深き蚊遣哉/正岡子規

山寺や風の落葉をきゝ寐入/馬光

山寺の昼飯遅き霞かな/正岡子規

山寺に城を見下す霞哉/正岡子規

山寺灯されて見て通る/尾崎放哉

山寺を本陣とする蕨狩/山口青邨

山寺の鳥の楽園実南天/秋山晃子

山寺や五色にあまる花見堂/蓼太

山寺の蝿清潔や膝にきて/藤崎実

山寺の正方形の冷奴/北村光阿弥

山寺に老僧一人冬安居/吉田伝治

山寺に豆麩引くなり冬木立/一茶

俳句例:21句目~

山寺や誰も参らぬねはん像/樗良

山寺や畳の上の天の川/松瀬青々

山寺の大炉の蓋や麦埃/西山泊雲

山寺や少々重き夏蒲団/高浜虚子

山寺の夕風を呼ぶ釣忍/坂野たみ

山寺の大摺鉢や梅の花/正岡子規

山寺の天水桶に氷張る/淀川玲治

山寺の局造りや鳳仙花/前田普羅

山寺の筧太らせ春の水/森定南楽

山寺の山菜料理篠子汁/吉村春潮

山寺に真白ばかりの蓮哉/正岡子規

山寺の菫のみちの厠かな/西本一都

山寺や障子の外を帰る雁/高浜虚子

聖少年葉月の山寺で仕事/阿部完市

山寺の御手洗に生く屑金/関森勝夫

山寺や酒のむ罪の蝿辷り/正岡子規

山寺の洪鐘秋を深めけり/加古宗也

人去つて鴉来りぬ花の山/寺田寅彦

僧帰山待ちて山寺炉を開く/安原葉

名月はまだ山寺の蚊遣哉/正岡子規

俳句例:41句目~

山寺の涼しさ水の音所々に/安原葉

山寺や花さく竹に甘茶仏/飯田蛇笏

山寺や縁の下より冬椿/五十嵐播水

夏帽のあふぐ山寺案内図/高澤良一

山寺や猿が柿折る音すなり/中勘助

山寺の臼の置場や柿若葉/久保愛石

山寺や人も詣らぬ花御堂/高濱虚子

山寺の石の苔はむひたき哉/中勘助

山寺や斎の冬瓜きざむ音/飯田蛇笏

山寺を日月蝕し霧蝕し/石井とし夫

山寺の冬夜けうとし火吹竹/原石鼎

山寺や撞きそこなひの鐘霞む/蕪村

山寺や高々つみてお年玉/飯田蛇笏

山寺の磴に遊んで梅雨雀/高澤良一

山寺に京の客あり梅の花/正岡子規

山寺の笑ひ羅漢や山笑ふ/山崎幸子

山寺に仏生るゝ日の淋し/正岡子規

山寺の磴に拾ひし落し文/伊藤芳子

山寺の天井までも秋日和/星野立子

山寺に咲て名もなき桜哉/正岡子規

俳句例:61句目~

山寺の筧の一つ慈姑田に/森山治子

山寺のほまち畑や桃の花/井上井月

山寺の日がな賑ひ二日灸/八木昌子

山寺や雪の底なる鐘の声/小林一茶

山寺の花や庭木の間より/正岡子規

西山の山寺にあり春一日/高浜虚子

僧や俗や春の山寺碁を囲む/正岡子規

山寺で商ふ真っ赤な渋団扇/高澤良一

山寺におはす聖や雪なだれ/野村喜舟

山寺に僅かな茸干してあり/高原一子

山寺に女首出すわか葉かな/正岡子規

山寺に書院を覗く桔梗かな/尾崎迷堂

山寺に朝粥食ふも避暑名残/柴原保佳

山寺に杣雇ふ日や納豆汁/岡本癖三酔

山寺に笑ふやうなり鐘の声/正岡子規

山寺に筍を炊く火が真つ赤/鈴木鷹夫

山寺に絵像かけたり業平忌/高濱虚子

山寺に詣人なき牡丹かな/川名句一歩

山寺のその一隅の落花かな/山崎香侑

山寺の一夜の宿の置炬燵/外園タミ女

俳句例:81句目~

山寺の修行の岩場囀れり/原田しずえ

山寺の僧の生計の炭を焼く/瀬在苹果

山寺の夏の火桶を一つ置く/高野素十

山寺の大きな闇の草花火/石川星水女

山寺の少しの日なた大根干す/久慈静

山寺の屋根をころける椿哉/正岡子規

山寺の庫裏ものうしや蝿叩/正岡子規

山寺の樋よく詰まる竹落葉/河野美奇

山寺の猿酒にして暑気払ひ/高木晴子

山寺の紅葉あらしぞこれ一会/林昌華

山雀につづき山寺小雀鳴く/平松幹夫

山寺の鎌掛けに吊る種茄子/升本行洋

山寺の鐘に見あくる紅葉哉/正岡子規

山寺の障子締めあり仏生会/高浜虚子

山寺の雪やはらかし初詣/篠田悌二郎

山寺は縁の下まで西日かな/高浜虚子

山寺は雨戸を閉ざし星月夜/上崎暮潮

山寺やうたゝね覚めて夕桜/野村泊月

山寺やむざと塵すつ梅の崖/飯田蛇笏

山寺や松ばかりなる庭の月/正岡子規

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました