夕雲を使用した俳句

夕雲に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夕雲を含む俳句例

七浦の夕雲赤し鰯引/正岡子規

夕雲も花の色帯ぶ川堤/高澤良一

花の奥夕雲の帯金をなす/山口青邨

探梅の夕雲色を加へそむ/綾部仁喜

栃の実や夕雲白く谷に満つ/滝春一

気高きは紅花一貫分の夕雲/渋谷道

濁り鮒夕雲草に沈みつつ/大獄青児

灘の風夕雲みだす鐘供養/宮島水鵞

密々と夕雲満たす末枯野/斎藤道子

燃え殻の夕雲を置く曼珠沙華/原裕

犬の舌夕雲氷る水に鳴る/中島斌雄

夕雲に凧の行衛の覚束な/羅蘇山人

野仏や夕雲あそぶ松の涼/河野南畦

雪の原とぶ夕雲の力なし/橋本鶏二

麦の穂に夕雲沁みる地酒よし/高島茂

夕雲を望む夏書の小窓かな/渡辺波空

並木道春の夕雲おだやかに/清原枴童

夕雲や二星をまつる山の庵/飯田蛇笏

夕雲に百合の断崖やはらげり/大串章

夕雲の高さ得し鷹横すべる/羽部洞然

俳句例:21句目~

夕雲はなべて横雲法師蝉/鷲谷七菜子

洗ひ髪かわく夕雲金色に/柴田白葉女

渓べまで夕雲下りる秋の嶽/飯田蛇笏

秋水峡を出で夕雲山に還る/福田蓼汀

夕雲は天の散華や雪の富士/山本歩禅

虫は鈴虫嶺の夕雲乗り出して/松本旭

雷鳴りてただの夕雲栗の花/皆吉爽雨

かなかなに夕雲の間の紺うごく/中拓夫

かなかなや夕雲の間の紺うごく/中拓夫

ふるさとの山涼し夕雲の中/細木芒角星

元日の樹海夕雲湧き初めし/佐野青陽人

夕雲かつぎ長男箱根山こえる/阿部完市

夕雲に浮くうすらひの榛の花/松村蒼石

夕雲のかたち変へつつ青あらし/桂信子

夕雲や神は出雲に身は壱岐に/久米正雄

夕雲の一トにぎはひや冬構/大峯あきら

夕雲の彩の移りし大刈田/阿部みどり女

旅に見る夕雲かなし麦の秋/金尾梅の門

氷壁に夕雲の来てゐたりけり/岡田日郎

盆過ぎの夕雲高き飛燕かな/金尾梅の門

俳句例:41句目~

桜もみぢはら~と夕雲いそぐ/金尾梅の門

棕梠咲きて夕雲星をはるかにす/飯田蛇笏

夕雲のふちのきんいろ雛納め/鍵和田釉子

夕雲をつかみ歩きて蜘蛛定まる/西東三鬼

夕雲と青芒人はしづかに去る/柴田白葉女

枯山を擦つて夕雲燃えはじむ/馬場移公子

棕櫚さきて夕雲星をはるかにす/飯田蛇笏

椶櫚さいて夕雲星をはるかにす/飯田蛇笏

師を辞して春雲かげる八ケ岳/柴田白葉女

薄氷に似し夕雲を秘めて秋/飛鳥田れい無公

いちめんの夕雲となりぬ沼べ焼く/金尾梅の門

さやけし夕雲、立山七十二峯の月夜となろう/荻原井泉水

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました