目隠しを使用した俳句

目隠しに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

目隠しを含む俳句例

目隠しの子の大頭福笑/轡田進

春暁や目隠しをせし小鳥籠/日原傳

目隠しの女あぶなし山桜/正岡子規

神棚の目隠し紙へ秋の風/松浦敬親

人形供養固く目隠し雛の顔/小島良子

時といふものに目かくし霜囲/上野泰

目隠しの闇に母ゐる福笑ひ/丹沢亜郎

福笑ひ目隠しの娘の美しき/鈴木鷹夫

花埃目隠しきつく鬼となる/満田春日

苜蓿目隠しの馬曳かれゆく/脇坂啓子

雁立ちの目隠し雪や信濃川/石原八束

唐突に目隠しされぬ萩の前/五十畑悦雄

天上へ目かくし蒲の花ざかり/宮坂静生

春蘭を掘り目隠をされてゐる/田中裕明

目隠しか塵の捨場の山牛蒡/阿波野青畝

目隠しでお聞き李の花ざかり/矢島渚男

目隠しの中が真つ赤や福笑ひ/阿部静雄

目隠しの中も眼つむる西瓜割/中原道夫

目隠しの若鷹腕にしづかなり/小林守克

目隠しをされた駱駝が炎天下/小西昭夫

俳句例:21句目~

藪巻や目隠し鬼をひとくくり/二村典子

冷えし手で目隠しされし一葉忌/井上禄子

目隠しが透いて見えたる福笑ひ/籾山梓月

花冷えや目かくし鬼の指にまで/天野素子

野火の径牛に目隠しして過ぐる/岩永花泉

うしろから目隠しされて冬木かな/白石不舎

大磐が目隠し露天湯ヤチダモ散る/高澤良一

目隠しをされてはやぶさ狩を待つ/中村姫路

西瓜割り終へし目かくし父が外す/鈴木貞雄

タイトルとURLをコピーしました