きな臭いを使用した俳句

きな臭いに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

きな臭いを含む俳句例

きなくさき戦が間近焼鳥/高澤良一

きな臭き八幡宮の枯公孫樹/高澤良一

ハブ擲ちし手のきな臭し日雷/小熊一人

きなくさい猫のまわりの枯れ蓬/河合凱夫

きな臭き世の左義長の大ほむら/高澤良一

きな臭くなるまで老婆日向ぼこ/太田寛郎

きな臭い子の頭を抱けば静かな球/大石和子

きな臭きものには倚らず栄螺の腸/高澤良一

きな臭きこの頃血豆めく木の芽/小久保佳世子

タイトルとURLをコピーしました