逆縁を使用した俳句

逆縁に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

逆縁を含む俳句例

逆縁に秋の遍路を志す/辻口静夫

逆縁の仏に迎鐘を撞く/矢倉矢行

逆縁の喪に服す父母梅真白/杉本寛

逆縁の数珠の重さや夏蛙/山下/守

逆縁の盆花壺にあふれしむ/上村占

逆縁や皿にずしりと柏餅/中村祐子

逆縁の悲しみに湛へ盆支度/福田蓼汀

年の火に逆縁の顔けぶらしぬ/高橋愛子

逆縁の嘆きこの世は花吹雪/柴田白葉女

逆縁の奈落を鳴けり青葉木菟/神戸周子

逆縁の身を灼く暑き日なりけり/滝青佳

逆縁の迎へ火を焚く老ふたり/福田蓼汀

逆縁の迎火焚いて老ひとり/上林白草居

逆縁の門火を妻と焚きにけり/下野赤灯

逆縁の魂迎ふるもひとりかな/松村蒼石

白露に逆縁の児のやどるかと/粟津松彩子

蜥蜴失せ吾に逆縁の文字のこる/巌谷小波

逆縁の八十路の年のまた暮るる/大滝時司

逆縁や鉦鼓に和する春の鳥/鍵和田ゆう子

嵯峨菊や逆縁ふたりの仏前に/阿部みどり女

俳句例:21句目~

水打つや逆縁ゆるすほかなくて/吉本伊智朗

沙羅の花逆縁の寺を訪はんとは/阿部みどり女

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました