季語/九月尽(くがつじん)を使った俳句

「九月尽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「九月尽」について

【表記】九月尽

【読み方】くがつじん

【ローマ字読み】kugatsujin

子季語・関連季語・傍題・類語など

・九月尽く(くがつつく:kugatsutsuku)

季節による分類

・「く」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

九月尽を含む俳句例

九月尽遥に能登の岬かな/暁台

褌に贈別の詩や九月尽/黒柳召波

頼政の月見所や九月尽/榎本其角

古寺に狂言会や九月尽/五車反古

秋尽きぬ寝ぬ夜の夢の躍舟/調和

会議室海の絵も寂び九月尽/村田脩

かんがふる一机の光九月尽/森澄雄

九月尽机の端に手紙かな/高浜虚子

井の端の風露の乾き九月尽/菅裸馬

九月尽瓦漸く鋭き色に/宇佐美魚目

雲表に山々ならび九月尽/福田蓼汀

妻病みて目尻の乾く九月尽/穴井太

落し水滔々と秋尽るかな/増田龍雨

白波が白波追へり九月尽/千田一路

少年の商才かなし九月尽/楠本憲吉

昨日よりくらき白山九月尽/阿部完市

六尺の人のけむりや九月尽/攝津幸彦

命綱すぐ手のとどく九月尽/角川源義

九月尽くポプラに風の音満ちて/林桂

九月尽深き曇りに鳥飛ばず/相馬遷子

俳句例:21句目~

九月盡遥かに能登の岬かな/加藤暁台

傾城の小哥はかなし九月尽/宝井其角

大の字に寝て一畳の九月尽/土生重次

すり流すよき墨の香や九月盡/会津八一

月影の不破にも洩らず九月尽/黒柳召波

九月尽日許六拝去来先生几下/高浜虚子

秋尽日童の定命を如何にせん/飯田蛇笏

雨降れば暮るる速さよ九月尽/杉田久女

うす霜のむぐらが門に九月尽/細谷源二

まが雨の降りもつづきて九月尽/佐藤鬼房

ガラス器を磨きてしまふ九月尽/種市清子

九月尽胸あつくなる風邪ぐすり/古沢太穂

真昼野に焚く火透きけり九月尽/富田直治

九月尽まぶしきものを一日見ず/和田祥子

掌につつむ古黄瀬戸の釉九月尽/加藤耕子

パソコンでつける家計簿九月尽/満田春日

九月尽ゆべしをうすくうすく切り/細見綾子

日向朴の狂ひ芽しるし九月尽/飛鳥田れい無公

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ